【予約受付中】シン・コオロギが徳島から海を渡って東京上陸

ひるべ104

昆虫食のひるべ104 ワークショップ「食用コオロギとふつうのコオロギ食べ比べ実験」へのお誘い
******************************************
2017年12月24日(日)13:50open  14:00start
予約2500円+1drink500円 当日300円高 定員10名
会場 JR中央線阿佐ヶ谷駅前、カフェバー「よるのひるね」
******************************************
いま世界各地で食べられているヨーロッパイエコオロギ(=ハウスクリケット)よりも、フタホシコオロギは大きくて肉厚です。徳島大学の「フタホシコオロギ食用化プロジェクト」で収穫されたフタホシはどんな味がするのでしょうか。市販の普通のフタホシと食べ比べてみましょう。
******************************************
※当日撮影した写真など他で利用することがあります。ご承知おきください。
※昆虫を初めて食べる際の注意
まれにアレルギー症状がおこる場合があります。
エビ・カニなど甲殻類アレルギーの方は少量からお試しを。
******************************************
ご予約は下記まで。
●昆虫料理研究会
・昆虫食彩館:http://insectcuisine.jp/?p=752
・内山:entomophagy@shichigatsudo.co.jp
●よるのひるね
・電話:03-6765-6997
・E-mail:yorunohirunepro@gmail.com
・http://yoruhiru.com
******************************************

【出版】昆虫食の「そもそも」をデザインする

本書は博報堂の若手デザイナーが5つの課題に挑戦した記録集だ。第2章は昆虫食がテーマ。虫嫌いだったデザイナー・小暮菜月さんが昆虫食を体験してどうデザインしていったかを記録したもの。福島の科学館「ムシテックワールド」の昆虫食イベントでの小暮さんのデザイン力は見事だった。本書は昆虫食のみならず未知の食材イベントをどう設計するかの参考になる良書である。

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%9D%E3%82%82%E3%81%9D%E3%82%82%E3%82%92%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%99%E3%82%8B-%E2%80%95%E5%8D%9A%E5%A0%B1%E5%A0%82%E8%8B%A5%E6%89%8B%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%A5%AE%E9%97%98%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%80%8C%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%8D%9A%E5%A0%B1%E5%A0%82%E3%80%8D%E5%8F%96%E6%9D%90%E7%8F%AD/dp/4864850356

表1扉

【終了】12月9日(土)は「米とサーカス」でクリスマス!

12月ポスター

高田馬場で昆虫食を楽しむ会〈15〉へのお誘い
******************************************
2017年12月9日(土)13時―16時
会費2500円 予約制
会場 高田馬場駅徒歩1分、獣肉酒家「米とサーカス」
新宿区高田馬場2-19-8
******************************************
~一足早いクリスマスを虫ケーキで祝おう~
その1【クリスマス虫ケーキ】
その2【バグパエリア】
その3【サクサンのいちごスムージー】
※材料の都合で変更になる場合があります。
******************************************
※当日撮影した写真など他で利用することがあります。ご承知おきください。
※昆虫を初めて食べる際の注意
まれにアレルギー症状がおこる場合があります。
エビ・カニなど甲殻類アレルギーの方は少量からお試しを。
******************************************
ご予約は下記まで。
●昆虫料理研究会
・昆虫食彩館:http://insectcuisine.jp/?p=752
・内山昭一:entomophagy@shichigatsudo.co.jp
******************************************

【予約受付中】2018年2月2日(金)18時30分より《新潮講座スペシャル》越冬昆虫は美味い!~昆虫食入門・冬篇~を開講します。ご予約お待ちしています。

表 裏

冬は昆虫食のオフシーズンと思われがちですが、よく探せば越冬中の昆虫を見つけることができます。イラガの繭やカマキリの卵、カミキリムシやクワガタの幼虫、トビケラやヘビトンボの幼虫など、どれも美味しい昆虫です。越冬昆虫は未消化物が体内にないことと、凍結を防ぐためトレハロースなど糖類を蓄えるので甘味が増すことが知られています。越冬昆虫の試食もしていただく予定です。奮ってご参加ください。早めのご予約をお待ちしています。

日時:2月2日(金)18:30~20:00 ※18:00開場
受講料:3240円
お申し込み:
電話03-3266-5776
ホームページ http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/

【「中部毎日新聞」(韓国)掲載】偏見捨て味で評価~昆虫に魅了された「昆虫料理研究会」の活動~

816726_527349_1736[1]

偏見捨て味で評価~昆虫に魅了された「昆虫料理研究会」の活動~

편견 버리고 맛으로 평가…곤충에 매료된 ‘요리연구회’ 활발

10月22日に韓国の「中部毎日新聞」の取材があり、その記事が11月6日の新聞に掲載されました。ネット版は次のサイトでご覧いただけます。

http://m.jbnews.com/news/articleView.html?idxno=816726

2013年のFAO報告以降、韓国は国家主導で昆虫食ビジネスに取り組んでいます。昆虫を薬と考える漢方の下地があり、日本より嫌悪感が少ないのかもしれません。