【予約受付中】11月17日(金)18時30分より《新潮講座スペシャル》ハチは美味い!~昆虫食入門・秋篇~を開講。おでかけください。



ちらし表ちらし裏好評だった夏篇に続き秋篇を開講。昆虫の栄養価や健康食品としての可能性、味と食感、日本と世界の昆虫食ビジネスの動向についてお話します。昆虫食に興味ある方の参加をお待ちしています。美味しいスズメバチの試食もできます。
日時:11月17日(金)18:30~20:00 ※18:00開場
受講料:3240円
お申し込み:
電話03-3266-5776
ホームページ http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/

 

【終了】昆虫食のひるべ101 ワークショップ「ハチノコとウナギ食べ比べ実験」へのお誘い

ひるべ1012017年9月24日(日)13:50open  14:00start
予約2500円+1drink500円 当日300円高 定員20名
会場 JR中央線阿佐ヶ谷駅前、カフェバー「よるのひるね」
******************************************
ハチノコはウナギの味によく似ているとグルメ漫画『美味しいぼ』に出てきます。味覚センサーでもぴったりかさなります。どこが似てどこが違うのでしょうか。今回はこの二つをじっくり味わってみましょう。他にハチノコを使ったメニューもあります。乞うご期待。
******************************************
※当日撮影した写真など他で利用することがあります。ご承知おきください。
※昆虫を初めて食べる際の注意
まれにアレルギー症状がおこる場合があります。
エビ・カニなど甲殻類アレルギーの方は少量からお試しを。
******************************************
ご予約は下記まで。
●昆虫料理研究会
・昆虫食彩館:http://insectcuisine.jp/?p=752
・内山:entomophagy@shichigatsudo.co.jp
●よるのひるね
・電話:03-6765-6997
・E-mail:yorunohirunepro@gmail.com
・http://yoruhiru.com
******************************************

【終了】阿佐ヶ谷よるのひるねの「昆虫食のひるべ」は今月でちょうど100回になります。そこで今回から装いも新たにテーマを決めて昆虫食について考える場にしたいと思っています。今月27日は「シルク醤油の試飲会」です。旨味が濃くて独特の甘味もあります。20名限定ですので早めのご予約をお待ちしています。

ひるべ100
昆虫食のひるべ100 ワークショップ「シルク醤油ってどんな味」へのお誘い
******************************************
2006年9月に第1回を開いてから今月でちょうど100回になります。そこで今回から装いも新たに、テーマを決めて昆虫食についてより深く考える場にしたいと思っています。
******************************************
2017年8月27日(日)13:50open  14:00start
予約2500円+1drink500円 当日300円高 定員20名
会場 JR中央線阿佐ヶ谷駅前、カフェバー「よるのひるね」
******************************************
今月のテーマ
カイコの繭を原料とするシルク醤油は、京都の老舗塩野屋産の白繭、都浅黄を使った試作品です。昆虫エネルギー研究所の佐藤裕一代表が発案し、醤油発祥の地として知られる和歌山県湯浅町の湯浅醤油が醸造しました。今回はいなか伝承社の田中寛人さんが二年前に商品化したイナゴソースも試飲していただきます。日本の醸造文化の代表ともいえる醤油を昆虫で作ったらどうなるか。昆虫醤油の時代の到来を予感させる作品です。
・シルク醤油発案に当たって
・シルク醤油はどうやってできるか
・シルク醤油、イナゴソース試飲
・意見交換&カイコr関連料理の試食ほか
※材料の都合で変更になる場合があります。
******************************************
※当日撮影した写真など他で利用することがあります。ご承知おきください。
※昆虫を初めて食べる際の注意
まれにアレルギー症状がおこる場合があります。
エビ・カニなど甲殻類アレルギーの方は少量からお試しを。
******************************************
ご予約は下記まで。
●昆虫料理研究会
・昆虫食彩館:http://insectcuisine.jp/?p=752
・内山:entomophagy@shichigatsudo.co.jp
●よるのひるね
・電話:03-6765-6997
・E-mail:yorunohirunepro@gmail.com
http://yoruhiru.com
******************************************

【発売中】フランス産のかわいいお試しセットお譲りします。美味しいドライコオロギとミールワームのお試しセットです。

KIBOフランスの昆虫養殖会社KIBOは創業当時からいろいろ相談を受けていました。世界一美味しいドライコオロギとミールワームなのですが、いかんせん高価なのが普及のネックでした。それが今度ようやくおしゃれな小袋が新発売になりました。イベントなどで使う予定ですが、忙しくてなかなか参加できない方や遠方の方のためにセットで1000円(送料サービス)でお分けしたいと思います。フランスからやってきた昆虫の味をご賞味ください。
お問い合わせ、ご注文: http://insectcuisine.jp/?page_id=591

【再掲】虫納豆(初出:2006年1月6日)


【写真説明】
上左より ツムギアリ、サクサン、アブラセミ、ハウスクリケット、フタホシコオロギ
下左より ジョロウグモ、スーパーワーム、ナメクジ、エビガラスズメ、カイコ
材料
(虫)
カイコさなぎ
サクサンさなぎ
ツムギアリ幼虫・さなぎ
アブラゼミ幼虫
ジョロウグモ
エビガラスズメ幼虫
ハウスクリケット
エンマコオロギ
ナメクジ
スーパーワーム
(その他)
納豆菌(成瀬菌微量0.1g弱)
容器(タッパーなど)
保温器具(電気アンカ、毛布など)
割り箸
作り方
(1)虫をよくあらう。
(2)5分ほどむす。
(3)サクサン、セミは外皮をむく。
(4)タッパー等容器に入れる。
(5)納豆菌を大匙2杯分の湯に溶かし、ふりかける。
(6)割り箸をはさんでタッパーの蓋をする。
(7)毛布にくるみ、電気アンカ等40℃〜42℃で20時間ほど保温する。
(8)数時間冷蔵庫で熟成させる。
試食結果
虫名      発酵度  食味
ツムギアリ    A    A
納豆らしさあり、柔らかめだが食べやすい。
サクサン     A    C
シュールストレミングばりの強烈な臭みあり、発酵時間が長すぎたか。
アブラセミ    A    A
納豆の味あり、歯ごたえもあり美味しい。
ハウスクリケット B    B
熟成度はもう一つ、普通の味。
フタホシコオロギ B    B
熟成度はもう一つ、普通の味。
ジョロウグモ   A    A
熟成度もよく、歯ごたえもある。
スーパーワーム  B    B
熟成度はもう一つ、普通の味。
ナメクジ     A    B
思った以上に身がしまり、しこしこした食感。
もっとねばねばした感じになるかと思ったが予想外。
エビガラスズメ  A    C
サクサン同様の臭みあり。中身がほとんどないので外皮が気になる。
カイコ      C    B
納豆菌の好みでないのか、ほとんど変化なし。
※発酵度 A かなり
B まあまあ
C わずか
※食 味 A いい
B まあまあ
C わるい
※シュールストレミング(Surstromming)は、スウェーデン発祥の缶詰。ニシンを塩漬けにして、缶の中で発酵させたもの。昆虫料理研究会で試食したこともあるが、臭度計だとくさやの6倍の臭みがあるそうだ。発酵が進むとどろどろになってしまうというから、今回のサクサンがちょうどそんな感じだ。