799 高田馬場で昆虫食を楽しむ会へのお誘い

米とサーカス4月高田馬場で昆虫食を楽しむ会へのお誘い
******************************************
2017年4月8日(土)13時―16時
会費2500円 予約制
会場 高田馬場駅徒歩1分、獣肉酒家「米とサーカス」
新宿区高田馬場2-19-8
******************************************
4月は「中華特集」です。
ご予約をお待ちしています。
●セミとサクサンのチリソース
●バグミックス大根餅
●ツムギアリの中華サラダ
※材料の都合で変更になる場合があります。
******************************************
※当日撮影した写真など他で利用することがあります。ご承知おきください。
※昆虫を初めて食べる際の注意
まれにアレルギー症状がおこる場合があります。
エビ・カニなど甲殻類アレルギーの方は少量からお試しを。
******************************************
ご予約は下記まで。
●昆虫料理研究会
・昆虫食彩館:http://insectcuisine.jp/?p=752
・内山昭一:entomophagy@shichigatsudo.co.jp
******************************************

584 「週刊朝日」で昆虫料理

4月2日発売の「週刊朝日」で昆虫料理が特集される。なんとカラーグラビアで7ページという前代未聞の大々的な特集だ。これまでの昆虫食の負の概念を革命的に塗り替える画期的な試みといえる。25種類の食材から厳選された6皿の豪華昆虫料理がならぶテーブルは圧巻だ。

 

560 千葉セミ会のお土産

8月26日に千葉の新松戸でちょっと遅い「千葉セミ会」が開かれた。これは千葉県に住むほそいさんと葉山くんが企画した会だった。案の定幼虫はほとんど出なかったが、内山が幼虫は持参して、楽しく美味しいイベントができた。ほそいさんが大写しになった「週刊新潮」の取材もこの会だった。
セミ親子の串揚げ
セミ幼虫の燻製
ツムギアリとイチゴジャムのカナッペ
オリーブオイル漬けカイコのカナッペ

セミ幼虫は出なかったが、その代わりコガタスズメバチの巣を発見した。日が暮れてから、みんなが遠巻きにするなか、記者の方が持参した脚立に上り、捕虫網に巣を落とした。電車のなかでテロ化することなく無事持ち帰り、甘くとろける初物を味わった。

527 「本当にあった笑える話Pinky」6月号 4月21日発売


「本当にあった笑える話Pinky」6月号 4月21日発売(全国書店・コンビニエンスストアにて発売 定価350円)

写真は虫菓子を食べる女子会に参加した小沢カオルさん(左)とぶんか社の花澤さん(右)。

漫画では『昆虫食入門』を持った内山が登場します。

500 セミとバッタの唐揚げ

河原の茂みをコガタスズメバチの巣を探して歩いていると、立派なショウリョウバッタのメスと出会い、思わず捕獲する。持ち帰って家で唐揚げにする。セミの成虫と幼虫も添える。なんとショウリョウバッタのお腹には黄色い卵がびっしり詰まっていた。子持ちシシャモならぬ子持ちバッタである。シシャモと比べて卵はずっと小さいのでプチプチ感はなく、どちらかというとクリとかサツマイモのホクホクした食感に近い。