500 セミとバッタの唐揚げ

河原の茂みをコガタスズメバチの巣を探して歩いていると、立派なショウリョウバッタのメスと出会い、思わず捕獲する。持ち帰って家で唐揚げにする。セミの成虫と幼虫も添える。なんとショウリョウバッタのお腹には黄色い卵がびっしり詰まっていた。子持ちシシャモならぬ子持ちバッタである。シシャモと比べて卵はずっと小さいのでプチプチ感はなく、どちらかというとクリとかサツマイモのホクホクした食感に近い。


490 「きょうの料理ビギナーズ」

NHKの「きょうの料理ビギナーズ」96頁に取材記事が掲載された。マニアーズというシリーズで、「ある食べ物に異常な情熱と無償の愛を捧げ続ける人々」というコンセプト。昆虫も晴れて「食べ物」の仲間入りができて嬉しい。以下のWEBが詳しい。
http://www.nhk-book.co.jp/beginners/manias/1108/index.html

484 週末は昆虫料理を食べに行こう

「BE-PAL」7月号が今日10日発売された。「週末は昆虫料理を食べに行こう」(38頁)という見出しで、阿佐ヶ谷の試食会「ひるべ」の様子が紹介されている。書店でごらんください。すてきな付録もついています。

479 『きょうの料理ビギナーズ』取材


11日夜、NHK『きょうの料理ビギナーズ』の取材があり、和風昆虫コース料理を食べていただく。たいへん好評だった。掲載は7月21日(木)発売の8月号になる予定。すこし先だがそのころは虫を食べるのに絶好の季節である。
蟲献立
蒲鉾の蟷螂散らし 蝉味噌味  
孵化直後の一齢幼虫を油通しして振りかけ 油蝉幼虫をまぜた味噌の風味を添えて
髪切虫の焼き物 醤油味  
今では貴重な大型の白筋髪切を香ばしく焼く
天ぷらの盛り合わせ  
蝉幼虫、蚕蛹、ザザ虫、櫻毛虫、紅髪切など
蜂の子飯  
味わい深い黒雀蜂を炊き立てご飯に混ぜ込む
雀蜂と紡ぎ蟻の吸い物  
旨味に定評ある大雀蜂前蛹と蛹の吸い物に紡ぎ蟻を散らす
竹虫のゼリー寄せ  
東南アジアで人気の竹苞蛾をゼリーで包む
泡盛 田亀風味  
台湾田亀のフルーティーな香りを楽しむ
蚕茶  
漢方で蚕沙(さんしゃ)といい、桑の葉の他多様な有効成分  が含まれる蚕の糞の煎茶、虫食後の定番
蜂の酢、蚕スナック(お土産)

404 フライデーダイナマイト

3月31日発売の「フライデーダイナマイト」が、見開き4頁(100〜103頁)に、いまどきはやり(?)の虫スイーツや昆虫料理のメニューを満載。4人の美女が集まった虫スイーツ会の写真も掲載されている。書店でごらんください。