【再掲】オオゴキブリの採集と試食(初出:2007年2月19日)


オオゴキブリとの出会いを求め有志4名が某日某所へ向かった。オオゴキブリはその名の示す通り本邦最大級のゴキブリである。
「オオゴキブリ(Panesthia angustipennis spadica)体長40〜45mm。メスは前胸背前縁のくぼみが浅い。暖帯林の中で太い朽木の木質部を食い、皮下や材中に成虫・幼虫が群居する。胎生。消化管には原虫が共生して消化に役立っている。幼虫・成虫ともに越冬し、高温期には成虫が朽木の外にあらわれることがある。日本南部に分布し、分布域は照葉樹林帯とほぼ一致し、北限は太平洋岸で宮城県、日本海岸で新潟県だが、津軽十三湖でブナの朽木から得られている。隠岐島・対馬・屋久島からも知られる。台湾や中国からも記録がある。」(保育社『原色日本昆虫図鑑』より)

本種は主に立ち枯れや倒れた樹木の内部に生息し、朽ちた木質部を餌としている。したがって整然とした人工林にはあまり見られない。立ち枯れた松を探し、外皮を剥がし、内側に潜むオオゴキブリを探す。必然か幸運か、一本の朽ちた松から成虫・幼虫合わせて相当数が採集できた。

さっそく試食に移る。調理は屋外で簡単にできて衛生的にもクリアできる素揚げにする。本種は全身が黒いのだが、熱した油に入れると縮んでいた表皮がパンパンに伸びて膨れる。そのため腹部は表皮の裏側の白い部分が露出して横縞模様となる。揚げたてをサクサクいただく。冬場で未消化物がないせいか臭みもまったくない。揚げたてなので羽や脚も丸ごと食べられるが、気になる場合は取り去るとさらに食べやすくなる。初物を試食でき、たとえようもない幸せなひとときを過ごすことができた。
成虫数頭を含むファミリーを持ち帰り、繁殖を試みることにした。中野のむし社に寄って飼育法をたずねる。オオゴキブリを飼育中という店の人に相談し、以下の資材を購入した。要するにクワガタ飼育と同じものである。
菌床発酵マット10リットル
オオヒラタケ菌床600cc
産卵木(ナラ材)

これでわが家で飼育中のゴキブリは三種類になった。はたして順調に生育してくれるだろうか。

【終了】高田馬場で昆虫食を楽しむ会へのお誘い

米とサーカス4月高田馬場で昆虫食を楽しむ会へのお誘い
******************************************
2017年4月8日(土)13時―16時
会費2500円 予約制
会場 高田馬場駅徒歩1分、獣肉酒家「米とサーカス」
新宿区高田馬場2-19-8
******************************************
4月は「中華特集」です。
ご予約をお待ちしています。
●セミとサクサンのチリソース
●バグミックス大根餅
●ツムギアリの中華サラダ
※材料の都合で変更になる場合があります。
******************************************
※当日撮影した写真など他で利用することがあります。ご承知おきください。
※昆虫を初めて食べる際の注意
まれにアレルギー症状がおこる場合があります。
エビ・カニなど甲殻類アレルギーの方は少量からお試しを。
******************************************
ご予約は下記まで。
●昆虫料理研究会
・昆虫食彩館:http://insectcuisine.jp/?p=752
・内山昭一:entomophagy@shichigatsudo.co.jp
******************************************

762 ■六月明大前虫食会のご案内

6月明大前ポスター再日時 2016年6月25日(土)14時〜17時
ご予約は下記まで
・昆虫食彩館:http://insectcuisine.jp/?p=752
・内山:entomophagy@shichigatsudo.co.jp
※添付パンフのQRコードでもお申し込みいただけます。
******************************************
[メニュー予定]
●オオスズメバチの夏野菜バター鍋
●クロスズメバチの贅沢ベリースコーン
●タガメ風味の新食感ベジコンポート
※材料の都合で変更になる場合があります。
******************************************
会費 2500円 予約制
会場 京王線明大前駅3分「七月堂」
http://www.shichigatsudo.co.jp/index.php?category=about&content=access
******************************************

737 昆虫食のひるべ83(阿佐ヶ谷・1月10日)へのお誘い

おせち写真

「お正月特集」
お正月といえばやっぱり恒例の「虫おせち」ですね。2016年は以下のメニューで新年をスタートしたいと思っています。みんなで美味しい虫料理を楽しみましょう。ご予約はお早めに。
******************************************
2016年1月10日(日)14時―17時
会費2500円 予約制
会場 JR中央線阿佐ヶ谷駅前、カフェバー「よるのひるね」
******************************************
[メニュー予定]※材料の都合で変更になる場合があります。
●焼き餅 イナゴ味噌風味
細かくしたイナゴを混ぜ込んだ甘めの白味噌を、焼いたお餅に塗っていただきます。
●スズメバチのなます
酢で和えてギュッと締まったスズメバチはまるでチーズの味と食感です。
●ハチの子のうまき風
ハチの子の味がウナギとそっくりなのは食味センサーで実証済みです。
******************************************
冒頭写真は『人生が変わる!特選昆虫料理50』(山と渓谷社)より、撮影:山出高士。
今月のおせちメニューをはじめ多くのおススメ料理が満載。お手に取ってご覧ください。
http://www.amazon.co.jp/dp/4635450171/ref=as_sl_pc_tf_lc?tag=bugeater-22&camp=1027&creative=7407&linkCode=as4&creativeASIN=4635450171&adid=0N9JE32N05PMT9CM3QMM&&ref-refURL=http%3A%2F%2Finsectcuisine.jp%2F
******************************************
※新刊『昆虫を食べてわかったこと』サイン本を販売いたします。
※スズメバチ酒(300円)あります。お土産にお買い求めください。
※本日撮影した写真など他で利用することがあります。ご了承ください。
※昆虫を初めて食べる際の注意
まれにアレルギー症状がおこる場合があります。エビ・カニなど甲殻類アレルギーの方は少量からお試しを。
******************************************
ご予約は下記まで。
・昆虫食彩館:http://insectcuisine.jp/?p=752
・内山:entomophagy@shichigatsudo.co.jp
・よるのひるね
電話:03-6765-6997
E-mail:yorunohirunepro@gmail.com
http://yoruhiru.com
******************************************

692 1月17日(土) 虫ってどんな味?昆虫料理を食べてみよう!

京都の京エコロジーセンターで昆虫食の会が開かれます。私も参加します。定員まであとわずか。お近くの方はこの機会に「未来の食材」にチャレンジしてみては。お申し込みは下記よりどうぞ。

http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2014/11/post-185.php