097 蜘蛛寿司



寿司シリーズ第一段。ジョロウグモは短時間茹でただけだと色がとても鮮やかに残る。視覚的にも美しく食欲をそそる。7〜8頭いっしょにほおばるとボリューム満点だ。噛めばしこしこと柔らかい蜘蛛肉が口中に広がる。柿の甘みがアクセント。
1 ジョロウグモ7〜8頭の頭胸部を取り去り、腹部を30秒ほど茹で、塩・コショウをふる。
2 寿司飯を小さめににぎり、海苔を巻く。
3 アボカドをつぶし、マヨネーズ、ショウガをまぜ、寿司飯に塗る。
4 その上にジョロウグモを丸く並べ、中心に細かく切った柿の実を飾る。


097 蜘蛛寿司” への7件のコメント

  1. ごめんなさい。
    コメント忘れました。
    「クモ寿司」ものすごく美味しそうです。
    パッと見には、どうなっているのか理解できませんでしたが・・・(笑)
    これってかなりの贅沢品ではないでしょうか。
    回転寿司では絶対に流れてきませんね。
    我が家の近所にも、最近までは牛を飼っている家があり、
    ジョロウグモがわんさかといたのですが、今ではは少なくなりました。
    このところの冷え込みも影響しているようです。
    来シーズンは試してみたいと思います。
    でも、一口でこんなに食べるのは惜しい!!

  2. これはすごい…!

    私はバカなので虫はとても食べられません。

    でも、食虫文化はもっと推し進められるべきだとは思ったりします。

    そもそも現代人は何故、虫を食べなくなったんでしょうか?
    元々はもっとガンガン食べてたんでしょうか?
    全くの無知ですいません。
    このblogは革新的で頭が下がります。

    白子は大好物なので、女郎蜘蛛も白子の様なお味がするならきっと…食わず嫌いなんでしょうね…。蜂の子はおろか、イナゴの佃煮でさえ食べられないひ弱過ぎる私です…。
    どんなものが、どんな味がするか、を知れるのがこのblogの素晴らしいところです。

    お体にお気をつけて頑張って下さい!

  3. まありさん

    白子が大好物とのことですね。でしたらスズメバチの初期のさなぎをオススメします。フグの白子の味といわれています。

    はい、体に気を付けて頑張ります。

  4. ピンバック: 【生物】女郎グモ、米国への侵入・定着を確認 ジョージア州の3カ所に分布 » サバイバル速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です