109 孫太郎寿司



アミメカゲロウ目ヘビトンボ科の幼虫で澄んだ渓流にすむ。マゴタロウムシ(孫太郎虫)と呼び名して小児の疳の虫に効くとされる。寿司飯にアボカドを塗り柿を配した上に素揚げした本種がのる。


109 孫太郎寿司” への8件のコメント

  1. 孫太郎虫はわりとおいしいですね
    前揚げたの食いましたが茹ででいけるんじゃないかと思いました。

  2. とてもじゃないけど食わず嫌いで批評できるあなたが料理を理解してるとは思えない。
    あなたはおそらく料理への偏見でものを言ってないでしょうか。

  3. 初めてこのブログを見ました。
    中国で食用の小さいさそりは食べた事はありますが昆虫料理自体がとてもまれなものだと思っていたので正直驚いています・・・。
    見ているうちに食用っぽくない大きいほうのサソリはどんな味と食感だったのだろうと考えてしまいました・・・うむぅ・・・。

  4. 鮮やかでおいしそうですね。好奇心と学習が人間の文化を創ってきたのだと気づかされました。昆虫料理を最初から否定する人は、世界中の多様な生活や文化のおもしろさをイメージできないのかも。

  5. Commented by P at 2006-11-30 02:12 x
    Commented by V at 2006-11-30 02:21 x
    まあ、こういうおつむの足らない現代に毒された人間は無視。
    なんちゃって。

  6. 何つーか、一言で言って、怖いです(あぁ
    とても怖いです。
    虫自体が嫌いなのに、こういう料理、、、やっぱ怖いですね・・・。
    でもエスカルゴは美味しかった(は

  7. 七年も前の記事にコメント残すのもアレですが、見た目のインパクトにこだわりすぎてませんか?
    この形、サイズなら、二尾づけにして、韓国海苔等の固めの海苔を巻いてやった方がバランスが良いかと。いっそ細巻きに巻いても。
    素揚げとのことなので、口に当たる足は除いた方がいいかもですね。色々夢が広がります。
    今度調達(無論採集で)できたら試してみるつもりでいますが、薬用を購入すると一尾あたりの単価は高いのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です