213 「虫はどうして気持ち悪いの?」


テレビ神奈川の「すずき」という番組の取材が入った。ウド鈴木扮する〈検索人間ウドジン〉が子供たちの疑問に答えるというコーナー。「虫はどうして気持ち悪いの?」というある女の子から寄せられた質問にウドジンはうまく答えられない。そこで虫に詳しい人(どちらかというと僕は虫を食べることに詳しい人なんですけど…)にきいてみようということになって、我が家での取材とあいなった。なぜか放送時間は夜中で実際に子供が見るわけではない。「子供電話相談室」ではないのでひと安心。
 
虫といってもいろいろだ。どの虫のどこが気持ち悪いのか、具体的に考えてみよう。
1 チョウやガの鱗粉が気持ち悪い。
毛から進化したもので体を保護したり羽の模様を作ったりしている。いわば人間の服のようなものだ。
2 ナメクジのねばねばした感じが気持ち悪い。
カタツムリから進化して殻を脱いだので粘液で体を保護している。これも服だ。
3 ムカデとかゲジとか足の多いのが気持ち悪い
たくさん足があれば一二本取れても普通に移動ができる。人間はそうはいかない。
人が見れば気持ち悪く見えても虫にとっては生きていくために必要なのだ。それがわかれば気持ち悪さは大分少なくなるのでは…。エビだってカニだってよく見れば気持ち悪い。慣れの問題だと思う。
究極の解決法は好きなニックネームをつけてペット化してしまうこと。たとえばひらひら優雅に飛ぶチョウは「まおちゃん」とか、いかにも強そうなカブトムシは「朝青龍」とか呼んでやろう。グンとお友達感が強くなること請け合いである。
ちっちゃい女の子に「虫はどうして気持ち悪いの?」って聞かれたら、あなたならどうする? 
放送予定 テレビ神奈川 1月8日(火) 24時45分〜25時15分
http://www.ctvn.jp/suzuki/


213 「虫はどうして気持ち悪いの?」” への2件のコメント

  1. なるほど・・・、私は虫が好きなのでナメクジやミミズは触れます^^
    毛虫などはスコップで運んで外に逃がします^^
    皆虫が嫌いのようですが ああ言う一生懸命生存のために生きる
    虫たちをみると可愛らしく思えますよ>w<
    それにスズメバチが家に巣を作り刺すとかで皆駆除しますけども
    それは人間が虫や動物の住処まで入り込んでいき
    住むとこが無くなってしまったから家などに巣を作るんです。
    皆勝手ですね;;人間(我々)だけが生きていければいい
    なんて考えを持っているのは少なくないはずです。
    あ、長文&愚痴 申し訳ありませんでした;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です