268 セミ会大盛況



今年のセミ会は次々と応募があって総勢なんと38人の参加となった。昨年15人だったことを考えるとすごい。セミはうまいという宣伝効果が幸いしたのだろうか。年々昆虫食が市民権を得てきたのだろうか。
3時、某駅集合。近くの調理室へ移動。定員20人の調理室がごったがえす。スケジュールを説明し、採集班(セミ成虫採集)、調理班(フライ、燻製、焼きそば下準備)に分かれて活動を開始した。一段落して『楽しい昆虫料理』のサイン本販売と、心理学研究のためのアンケートを行う。みなさん感謝です。
6時、幼虫出没ポイントへ移動する。日没から幼虫が出始める。昨年よりはいくぶん少ないようだ。みんなが懐中電灯を照らして地面や木の表面や葉裏を探す。短時間にかなり取る。
8時、ふたたび調理室。さっそく採集数をカウントする。約200頭。昨年は248頭だったからやや少なかった。調理に入る。
セミ幼虫のフライ
セミ幼虫の燻製
セミ成虫の素揚げ
ジャイアントミールワームとフタホシコオロギの焼きそば
予想はしていたがセミは全員が旨いと驚く。植物系の味、ナッツの香り、成虫は幼虫より旨みが濃い等など。やはり燻製は格別との感想が多かった。
参加者のみなさん、お疲れ様でした。感想などコメントください。


268 セミ会大盛況” への10件のコメント

  1. 今年もまた大変楽しい思い出が出来て嬉しかったです。
    ひとりで食べる虫も美味しいのですが、皆と談笑しながら調理して食べるセミはまた格別ですね。また来年も期待しています。
    個人的には塩茹も旨いと思いますので、よろしければ来年の調理に加えていただければ幸いです。

  2. 初めてのセミは期待通りとても美味でした。持参したナナフシは揚げ時間が長すぎたのかパサパサでした。味はいけますが、セミには負けます。あと、わずかに薬品ぽい後味がありました。
    食べる以前の成虫と幼虫を「狩る」過程が楽しかったです。地元でも発生の多い場所を探してみます。

  3. ぽるこさん、確かにシンプルな塩ゆでもいいですね。よもぎたさんも書いていますが、胸と腹の違いを味わうに最適です。来年はぜひ加えましょう。

  4. キノコハンターさん、お疲れさま。ナナフシは中身が少ないのでおいしく食べるにはかなり工夫が必要かもしれません。カリッと揚げて溶かしたチョコをからめて小枝チョコが最適かも…。

    「17年-13年ゼミ、取り放題、食べ放題」をオプションにしたアメリカツアーをどこかで企画したらと思うのですが、なかなか…。

  5. キノコハンターさん、ナナフシごちそうさまでした。
    わたしが食べたナナフシは胸のあたりで肉桂の香りがしてました。
    腹から食べ始めて、胸で強く「なんだこの香りは!」と感じたので
    気のせいではないと思います。
    ただ、それが、ナナフシ自体の味なのか
    餌かなにかに影響されてたまたま香ったのかわかりませんが。
    bugeaterさんが躊躇なくチョコがけを勧めているところを見ると
    たまたまだったのかな、とも思うんですが……

  6. ららさん、日記でセミ会のこと、本のこと、詳しく紹介していただいて感謝です。考えてみればあの暑い中7時間のイベントですから疲れるわけです。セミを食べたいという40人近い参加者でごったがえし、調理の熱も加わって、熱気にあふれた集まりでした。

    昆虫の味は餌に左右されることが多いので、一定の味を得るにはある程度経験の蓄積が必要ではないでしょうか。私の場合はナナフシをそれほど食べ比べた経験がなく、味の評価についてはなんともいえません。少なくとも私が食べた限りでは特別記憶に残るおいしさは感じたことがありません。チョココーティングは視覚的な面白さがあり、かりっと揚げてチョコでくるむと小枝チョコによく似た感じになります。

  7. ゴライアスオオトビナナフシはどんな味と食感がするのだろうか。食べてみたい虫です。

  8. 非常に充実した一日でした。セミがあんなにおいしいとは全くの予想外です。採集から試食までの過程で、常に笑いと驚きがありました。また参加させてください。

  9. ナナフシはバラ科を含む色々な樹種を食べるということだったので、持参した5匹のうち3匹は、捕獲後の数日間、桜の枝を餌として入れておきました。残る2匹はセミ会前夜および当日午前中に捕獲したので、何を食べていたかは不明です。調理前に食べさせると美味しくなる樹種があれば面白いですね。

  10. サクラ!
    なるほど、もしかしたらそれかもしれないですよ。
    桜餅の香りにも似てました。
    いっそ本当にニッケイの葉を与えてみるとか、
    カツラの葉なんかも美味しくなりそう??

コメントは受け付けていません。