032 ハウスクリケットのイタリアンピザ

スポンサーリンク


 ハウスクリケット(Acheta domestica)
バッタ目コオロギ科。別名ヨーロッパイエコオロギとも呼ばれる。体長は2cm前後で、日本で馴染みのあるフタホシコオロギと比べて小柄で、鳴き声も小さい。その名のとおりヨーロッパ原産だが、現在は全世界に分布。周年羽化する。おもに熱帯地帯に生息し、低温には弱い。
【説明】
 ハウスクリケットはイエコオロギの一種で(略してイエコという)スーパーワーム同様、ペットショップで簡単に入手できる。ふつう店頭で売られているコオロギはハウスクリケットとフタホシコオロギの二種があるが、いずれも季節を問わず産卵するため飼育効率がよい点が魅力である。なかでもハウスクリケットは淡褐色で見た目が美しく、小さいサイズのうえに外皮もやわらかいため食用にもっとも向いているといえる。しかも終齢幼虫を使用したため、羽が口に残らない、非常に食べやすいなどいいこと尽くしの仕上がりとなった。
 
 さて今回はこのハウスクリケットを、故郷ヨーロッパはイタリア名産のピザにトッピング。油をさっとくぐらせた揚げたてを彩り豊かなピザにひと振りすれば、見た目も食感もさらにおいしさをひきたてる。基本的に昆虫と油は相性がよいため、もちろんそのままでも香ばしい味わいを口いっぱいに堪能することができるので、お好みでご賞味あれ——
 
 調理もご家庭にあるものですぐできるので、家族や友人同士のパーティーメニューにもオススメ。きっとパーティーの主役として大活躍してくれることだろう。
 
 コオロギは古来より鳴く虫を愛でる日本人にとってとても身近な存在である。虫の声を録音したCDなどをよくみかけるが、やはりライブ演奏に勝るものはない。飼いやすいコオロギを自宅で育て、ときに優しい鳴き声に耳を傾け、あるときは食材として舌鼓を打つ、なんとも優雅なスローライフではないだろうか。
【レシピ】(Sサイズ3枚分)
●材 料
(生地)
強力粉……………… 200g
薄力粉……………… 50g
塩…………………… 小1
砂糖………………… 小2
ドライイースト…… 小1
ぬるま湯…………… 140cc
オリーブ油………… 大1
(トッピング)
ハウスクリケット… 50g(約150匹)
タマネギ…………… 小1個
ピーマン…………… 2個
トマト……………… 1個
スイートコーン…… 40g
ピザ用チーズ……… 200g 
トマトソース……… 20g
バジル……………… 適宜
●作り方
(1)生地のすべての材料を、調理用チャック付ビニール袋にいれ、5分ほどこねる。
(2)30分ほどレンジで発酵させる。 ※発酵機能のあるレンジ使用
(3)発酵したものを3等分して、直径20cmほどに薄くのばしていく。
(4)生地全体にフォークで軽く穴をあけ、トマトソースを塗る。
(5)トッピング材を彩りよく配し、ピザ用チーズをのせる。
(6)200度のオーブンで10分ほど焼く。
(7)油通ししたハウスクリケットを生地全面にちらす。バジルなどハーブも適宜ちらす。
(8)オーブンで3分ほど焼く。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
昆虫料理
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会 | 昆虫食イベント情報

コメント

  1. Naka より:

    普通に美味しそう。

タイトルとURLをコピーしました