昆虫料理

032 ハウスクリケットのイタリアンピザ

 ハウスクリケット(Acheta domestica) バッタ目コオロギ科。別名ヨーロッパイエコオロギとも呼ばれる。体長は2cm前後で、日本で馴染みのあるフタホシコオロギと比べて小柄で、鳴き声も小さい。その名のとおりヨーロッパ原産だが、現...
未分類

031 納豆菌がやってきた!

 なんとゆかしい袋ではないか。画像ではわかりにくいが上部に金太郎マークが印刷されている。「我が社の元気な納豆菌で、金太郎のように強くなってね」という製造元の願いが込められていそうなほほえましいデザインである。    袋には粉末納豆菌4gが...
未分類

030 クモと玉子のファルシー

今回はオードブル。玉子のファルシーにカラっと揚げたジョロウグモをトッピングしてみた。クモは揚げると香ばしく癖がないのでとても食べやすい。しかも長い脚の形が揚げると様々で、変化の妙を視覚でも楽しめる。これからのパーティーシーズンに向けてぜひ...
未分類

029 多摩美大、女7人衆に栄光あれ

 今回画期的な試食会が行われた。多摩美大の「書物研究」ゼミ室で、くらばぁずらばぁ編集長のもと、総勢7名の女傑が挑んだ模様。昆虫料理研究会主催の定例とは別に、こうした臨時の試食会が催されるのはきわめて稀と言える。    詳細はこちら。    ...
未分類

028 ミノムシべっこう飴のタルトレット

前回に引き続き、手軽でおいしく出来るスイーツをご紹介します。ここでは季節に合わせて冬の風物詩であるミノムシを使っていますが、入手が難しいので、手に入りやすいその他の虫で代用してももちろんかまいません。またカスタードクリームに茹でたタガメの...
未分類

027 バグチョコミックス

今年もいよいよクリスマスシーズン到来だ。クリスマスパーティに欠かせないのが甘くとろけるスイーツ各種。そこで今話題沸騰(のはず)のバグチョコミックスを紹介しよう。かんたんに手作りできるので、愛する人へ心からのプレゼントとして、ぜひあなたも挑戦...
未分類

026 朽ち木くずし(その2)

ムカデ以外の成果は以下のとおり。 ●キイロスズメバチ 本種は交尾したメスが越冬し、翌春女王として営巣活動を始める。軒下などに大きな巣を作ることで知られている。朽ち木の中で冬眠にはいっている所を発見。持ち帰り冷蔵庫に保管している。標本にする...
未分類

025 朽ち木くずし(その1)

昆虫採集にはさまざまな方法があるが、なかでも晩秋から冬期にかけて行われる「朽ち木くずし」はもっとも胸躍る方法だと思う。雑木林などで草むらに朽ちかけた倒木を見かけると、まるで宝箱のように輝いて見えてくる。なかからなにが出てくるかわからないと...
未分類

024 オオスズメバチ

あれほど栄華を誇った最強軍団の強者達も、日に日に迫る冬将軍の軍靴には勝てず、晩秋の枯葉の上を弱々しく歩く様はまさに栄枯盛衰、平家の落ち武者さながらの様であった。冷凍庫で出番を待っているそんな二頭のワンショット。鎧兜はいかにも硬そうなので揚...
昆虫料理

023  茹でサクサンのアリのせ

材料 サクサン 4頭 ツムギアリ 30g ガラムマサラ 適量 ターメリック 適量 ナンプラー 少々 作り方 (1)サクサンを皮付きで2分茹でる。 (2)ツムギアリをガラムマサラとターメリックで炒め、ナンプラーで味を整える。 (3)サクサン...
タイトルとURLをコピーしました