スポンサーリンク
昆虫料理

023  茹でサクサンのアリのせ

材料 サクサン 4頭 ツムギアリ 30g ガラムマサラ 適量 ターメリック 適量 ナンプラー 少々 作り方 (1)サクサンを皮付きで2分茹でる。 (2)ツムギアリをガラムマサラとターメリックで炒め、ナンプラーで味を整える。 (3)サクサン...
昆虫料理

022 タガメのせ 里芋衣かつぎ

材料 里芋 1個 タガメ 1頭 作り方 (1)里芋を皮付きでレンジに2分かける。 (2)タガメをさっと茹で、腹部に調理ばさみで切り込みをいれる。 (3)里芋を3枚に切り、1枚にタガメをのせ、上から軽く押して香り付けする。 賞味ポイント タ...
昆虫料理

021 クモのせ 里芋衣かつぎ

材料 里芋 1個 ジョロウグモ 4頭 ニンニク味噌 適量 ブラックペッパー 少々 作り方 (1)里芋を皮付きでレンジに2分かける。 (2)ジョロウグモの腹部を使う。頭胸部を切り離し、腹部を1分ほど茹でる。 (3)3枚に切った1枚にニンニク...
昆虫料理

020 アリのせ 里芋衣かつぎ

材料 里芋 1個 ツムギアリ 30g ガラムマサラ 適量 ターメリック 適量 ナンプラー 少々 作り方 (1)里芋を皮付きでレンジに2分かける。 (2)ツムギアリをガラムマサラとターメリックで炒め、ナンプラーで味を整える。里芋に味がないの...
昆虫料理

019 里芋衣かつぎ風 盛り合わせ

里芋の美味しい季節がやってきた。中ぐらいの里芋を皮付きでラップにくるみレンジにかけ、三枚にスライスし、アリ、クモ、タガメをそれぞれトッピング。残ったアリを茹でたサクサンにはさんでみた。これから冬に向けて多くなるホームパーティーなどにぴった...
自然

018 アブラゼミ残党

10月30日、多摩川支流の浅川河畔を歩く。15日の試食会のころはまだ大型のトノサマバッタが次々と飛び立っていた芦原も、急速に静寂をとりもどしつつある。一面がすすきの原と化し、冬に向かっていのちの営みが終わろうとしている。 そんななか「ガサ...
昆虫料理

017 女郎蜘蛛の恋の季節

ジョロウグモの恋の季節の到来だ。立派な円網の中心にお腹の赤い成熟した大きなメスが陣取っている。その近くに目を凝らすと豆粒ほど小さなオスが交接の機会をうかがっていたりする。オスの存在感のなんと希薄なことか。 思い立って近くの林道を歩く。ジョ...
昆虫料理

016 子持ちカマキリと卵のう

カマキリにはファンが多い。人を恐れず、人の手から餌を捕るし、害虫を食べるから益虫の範疇に入る。眼や頭の動きを見るのもあきない。ペット的要素がある。オガミムシとかネギサマとか呼ばれ親しまれている。 そんなカマキリだが、嫌われ者の代表のゴキブリ...
昆虫料理

015 アブラゼミ幼虫の佃煮

セミ幼虫は揚げ物にすると最高においしいのは経験済みなので、今回は昆虫料理の伝統的な佃煮を初めて試してみた。 アブラゼミ幼虫10頭(7月末に採取して冷凍保存したもの) 砂糖 大2 みりん 小2 酒 小2 しょう油 小2 ショウガ 少々 やは...
昆虫料理

014 秋の味覚

今年も実りの秋を迎えた。虫食い仲間では、秋といえばやっぱりバッタだ。思わず仮面ライダーの風貌を思い浮かべる。さらに香ばしいサクサクとした食感も。ということで、10月15日、第20回昆虫料理研究会例会・試食会を開催。 さあ集合の午後1時、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました