030 クモと玉子のファルシー

スポンサーリンク


今回はオードブル。玉子のファルシーにカラっと揚げたジョロウグモをトッピングしてみた。クモは揚げると香ばしく癖がないのでとても食べやすい。しかも長い脚の形が揚げると様々で、変化の妙を視覚でも楽しめる。これからのパーティーシーズンに向けてぜひとも念頭に置きたい一品となった。
(材料)
ジョロウグモ

バター
生クリーム
揚げ油
塩・コショウ
絞り袋
(作り方)
(1)卵を茹でる。
(2)殻をむいて半分に切り、底を薄くスライスして立たせる。
(3)黄身を出してボールに移す。
(4)黄身に溶かしたバターと生クリームをまぜる。
(5)塩・コショウで味を調える。
(6)絞り袋にいれ、立てた卵の上に絞り出す。
(7)ジョロウグモを180度の油に通す。
(8)黄身の上にトッピングする。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
未分類
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会 | 昆虫食イベント情報
タイトルとURLをコピーしました