公園における食用目的の昆虫採取について

スポンサーリンク

昨年より複数回に渡って昆虫食のイベントを開催している奈良県において、奈良県都市公園事業促進協議会の研修会の企画として、奈良県及び奈良県内の市町村、国営公園の管理の実務責任者や担当者を集め、「昆虫食」を切り口にした公園の利用促進や適切な管理をテーマにしたワークショップを開催しました。
関東では、「公園での食用の昆虫採取」が話題になることがありましたが、今回のワークショップが全国のモデルとなることを期待しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奈良県都市公園事業促進協議会
奈良県及び奈良県内の市町村で構成され、国への要望活動などを行っています。
毎年、公園と親和性の高いテーマで実務担当者を対象に研修会を行っており、これまで、スターバックスコーヒー、ボーネルンド、TOTOなどを講師に招いて研修を開催してきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講師
内山昭一(昆虫料理研究家・NPO法人昆虫食普及ネットワーク理事長)

1950年長野市生まれ。国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告を発表以降、昆虫料理研究の活動の幅を大きく広げ、楽しさの探求のみならず、科学的な啓蒙活動を精力的に続けている。東京都在住。
著書に、『楽しい昆虫料理』(ビジネス社)、『昆虫食入門』(平凡社新書)、『食の常識革命! 昆虫を食べてわかったこと』(サイゾー)、『昆虫は美味い!』(新潮新書)、共著に『人生が変わる! 特選 昆虫料理50』(山と渓谷社)、監修に『食べられる虫ハンドブック』(自由国民社)、『ホントに食べる? 世界をすくう虫のすべて』(文研出版)等がある。
井上咲楽とのYouTube配信「バグズクッキング」のほか、日本各地での講演を行っている。過去にはビートたけしとの対談や道場六三郎への食材提供など、まさに業界の第一人者である。

丸沢丸(スズメバチ大好き芸人)

お笑い活動と並行して「スズメバチ大好き芸人」として、各地でスズメバチの駆除をしたり、『刺されないためのスズメバチ講演会』や、スズメバチを食べる会『蜂会』を行なっている。東京農業大学卒。
2019年7月に講談社から『超危険!スズメバチLIFE〜図解とマンガでわかる最凶生物〜』を出版。
趣味はスズメバチとのルームシェア。「半沢直樹」のモノマネが得意。
NHK Eテレ『高校講座 生物基礎』2014〜2018年レギュラー出演!、フジテレビ『超逆境クイズバトル‼︎99人の壁』、TBS『人間観察バラエティ モニタリング』ほか

清水和輝(現役大学生・昆虫食活動家・昆Tuber)

近畿大学農学部3年生。自ら企画・開発した「コオロギコーヒー」は日本で5本の指に入る焙煎士・西川隆士さんと共同開発。クラウドファンディングで資金を調達し、目標額を達成。昆虫食のTAKEO、バグズファームや各地の昆虫館などで取り扱い。
2020年はメディアの取材を受けること20回超、Yahooニュースにも数回登場。
奈良県を拠点に昆虫食イベントを開催する傍ら、昆虫食YouTuber(昆Tuber)かずきとしてYouTubeで動画の配信も実施。
東京駅構内で開催された日本初の本格的昆虫食グルメイベント「虫グルメフェス」では、昆虫食タレントたちと並びMCを務めるなどその活動は目覚ましい。

ファシリテーター
山口大毅(奈良県職員・公園緑地課OB)

大阪市立大学法学部卒。これまで、産業振興、病院経営、人事、都市公園事業など様々な分野の行政実務に従事。
公園においては、「スパルタンレースの練習会」「DOD HOLIDAY」「キャンピングカーショー」などを誘致し、「鬼滅の刃・一刀石アイス」をはじめ、数々の話題性ある企画を仕掛けるとともに、奈良県における公園の法制を管理し、市町村からも信頼される存在として相談・指導も担当。生駒市における全国初の都市公園内での社会福祉施設設置などにも尽力した。現在、国際交流(東アジア、東南アジア)を担当。昆虫食に関しては、内山氏を招いて開催したセミナーがきっかけでかずきの活動をサポートしている。

(1)基調講演 「昆虫食の最近の動向」
・ ワークショップを始めるにあたり、主に、国連の報告やSDGsの追い風、最近の国の動向(フードテック官民協議会)や日経トレンド、昆虫食のスタートアップ企業の紹介など、最近の昆虫食ブームについて簡単にお話ししました。

最後はこちらの看板で問題提起をして、さて、これをどう考えますか?という形で講演を締めくくりました。

(2)ワークショップ課題
「公園でセミを採って食べている人がいる。管理者として取り締まってほしい」という要望があった。
同時に、「公園でセミを採取して調理するイベントを行いたいがよいか」という相談があった。
それぞれ、どのように検討、整理し、対処するか。主観的、直感的な意見ではなく、法令に沿って論理的に検討せよ。

(3)ワークショップでの主な意見
・線引きが難しいものは一律禁止としている。
・条例に昆虫について明記していない以上、禁止する理屈がない。
・その時の責任者の判断によるところがある。
・迷惑を掛けなければ別にいいのではないか。 など

年齢層もまちまちですが、市町村の課長級の職員の皆様もチラホラ、ゲストに国営公園からもお呼びしており、国・県・市町村に加え、指定管理者も交えて活発な意見交換が行われました。

 

(4)パネルディスカッション

丸沢
まず、こうした看板の背景として、どういったことがあげられるのでしょうか?

内山
昆虫食ブームというだけでなく、例えば川口市の場合は、西川口にチャイナタウンがあるので、そういったことも背景にあるのかもしれませんね。故郷の味というか、伝統食という側面を否定しにくいですよね。

清水
この看板だと、子供の虫取りもダメってことになりませんか?
山口
多分、それを見越して「食用」に限っているのかと思いますが、そもそも、公園の法制上、昆虫を食用で採取することは想定されていないですね(笑)そもそも、セミって、どうやって食べるんですか??
内山
セミは、公園の管理下にないと考えています。成虫は油で揚げて、幼虫は燻製にすると美味しいです。

(会場笑)

清水
地域や民族によって文化は異なりますよね。多文化共生というか、ダイバーシティってことですよね。山口さんの今の仕事ってそんな感じじゃなかったですか?

山口
「国際交流」については、「言語」の違いだけがわかりやすいように感じがちだが、そうではありません。
言語は覚えればいいが、「文化」はそうはいかない。その地域において、何世代において積み重ねられてきたものであり、乗り越えることは難しい。多文化共生とは、相手を説き伏せることではなく、多様な価値を尊重し、理解することだと思っています。

丸沢
いま、少しお話のあった「法令」という観点からはどうでしょうか?

山口
都市公園法や条例を運用する立場からすれば、この論点は「行為許可」または「禁止事項」から見てどう扱うかということになります。
一般的な都市公園法・条例の枠組みでは、次のように記載されています。ここでは、奈良県のケースを挙げましょう。(他の自治体と標準的に比較するため、オリジナル部分を一部消しています。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
奈良県立都市公園条例(抜粋・一部改)
(許可)
第三条 公園において次の各号に掲げる行為をしようとする者は、知事の許可を受けなければならない。許可の内容を変更しようとするときも、同様とする。
 一 行商その他これに類する行為をすること。
 二 業として写真又は映画を撮影すること。
 三 競技会、集会、展示会、博覧会、興行その他これらに類する催しを行うこと。
2 知事は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、前項の許可をしないことができる。
 一 公益を害するおそれがあるとき。
 二 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成三年法律第七十七号)第二条第二号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)の活動を助長し、又はその運営に資することとなるとき。
 三 公園の管理上支障があるとき。
3 知事は、第一項の許可に公園の管理のため必要な範囲内で条件を付することができる。
4~6 略
(禁止行為)
第四条 公園においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
 一 公園施設を損傷し、又は汚損すること。
 二 ごみその他の汚物又は廃物を捨て、又は放置すること。
 三 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。
 四 土地の形質を変更すること。
 五 鳥獣類、魚類を捕獲し、又は殺傷すること。
 六 立入禁止区域に立ち入ること。
 七 指定された場所以外の場所へ車馬を乗り入れ、又は止め置くこと。
 八 指定された場所以外の場所で焚火をすること。
2 次の各号に掲げる行為については、前項の規定は、適用しない。
 一~二 略
 三 学術研究その他特別の理由によりあらかじめ知事の許可を受けた行為
(利用の禁止又は制限)
第五条 知事は、公園の損壊その他の理由によりその利用が危険であると認められる場合又は公園に関する工事のためやむを得ないと認められる場合においては、区域を定めて公園の利用を禁止し、又は制限することができる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

論点は、「催しや集会」に該当するかどうか、「禁止事項」に掲げる「鳥獣・魚類の捕獲」に該当するかどうかです。

清水
捕獲や採取となると、昆虫以外の扱いはどうなりますか?公園だと、魚釣りとか、落ち葉拾いとか、タケノコ堀り、キノコ狩り、柿や梅の果実採集っていろいろできそうです。

山口
条例には、「植栽を傷つける行為」「鳥獣・魚類の捕獲」と書かれているケースが全国ではほとんどです。
現実的な運用を考えると、私は次のように整理します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1) どんぐり・落ち葉広いは、ごみと同様の扱いとして可能。
2) 桜の枝を切ったりする行為は、公園の「植栽」を傷つける行為とみなし不可。
3) 子供がシロツメクサで冠を作るのは、シロツメクサを植栽ではなく、雑草と見なすことで可能となります。
4) 野鳥の捕獲や殺傷は条例を文言通り適用し、不可能です。無論、別途、鳥獣保護法で規制されているので、そちらでも規制されます。
5) 魚類の捕獲は、条例に明記されているなら不可能、明記されていないなら、検討の余地はあります。池や川が危ないから立ち入り禁止区域と見なして不可能とする運用も合理性はあります。
6) 両生類・爬虫類については、「獣」として読めないため、可能と考えられます。
7) イノシシ・ウサギ・鹿などに罠を仕掛けたり、狩猟することは問題外です。不可能でしょう。
8) キノコ狩りは、自然発生するものであり、管理されていないため、制限することは困難です。
9) 柿の実、栗、タケノコ堀りは、「果実」であり、判断が分かれるところであるが、商用目的がNGであることは疑いの余地なしですね。何らかの手続きなしでは難しいでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

丸沢
公園で虫取りしているときに、琵琶の木に実がなっていて、ご近所の人が「いっぱいなっているからあなたも食べる?」と落として袋いっぱいに持って帰ろうとしていましたけど、これってどっちなんでしょう??

山口
大人だけで虫取り網を持っていると、怪しいでしょ(笑)あと、実は落ちたらいいんじゃないですか?(笑)
話を戻して・・・。内山先生の「セミ会」ってどんな感じでやってるんですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セミ会
その名の通り、セミを採取して食べる会です。昨年、多摩市で開催されたセミ会には、内山さんのほか、丸沢さんも参加されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

丸沢
あ、それ、僕も参加したことありますよ!

内山
15年くらい前からやってます。

丸沢
許可取ってるんでしたっけ?

内山
許可は取ってませんね。

一同笑

内山
許可が必要という認識はなかったですね。それこそ、木を切るとか、そういう行為ではありませんので。
公園がセミを管理しているわけではないので、自由に取っていいんじゃないかと思っていますので。
ところが、ここ2、3年、看板のでる公園があって、セミを採るのは許可制なのかな?と困惑しているんですよね。
条例に抵触するって言われるんですけど、都立公園条例を見てもどこにも書いていませんし。
確実に公園の昆虫を採ってはダメなんだという論拠に乏しい気がしてます。
今まで大田区の公園で行っていました。後は、多摩市の公園も寛容ですね。
多摩市は特に職員の方が中心に活性化のための色んなイベントを行っていまして、その一環としてセミ会もやっていますから、市が後援しています。多摩市ではそういう意味では、正々堂々とやらせていただいています。

山口
参加費を徴取してセミ会をすると、行為許可の対象となる「催し」に該当してしまう可能性があります。

内山
参加費は徴収していますが、それはセミを採ることではなく、調理室を借りる費用など、必要最小限の費用のみです。全くタダってわけにもいきませんし。収益目的では全くないのでこういうのもまずいんでしょうか?

山口
考え方にもよりますが、参加費を徴収するのはあくまで、「公園外」でのセミを調理する集まりのためであって、公園内でセミを採ることに対してではないのであれば、そもそも、許可申請の対象にならないと考えることもできるんじゃないかなと思います。収益目的かどうかを判断するのは難しいですが。

内山
私としては、昆虫を採取することによる「教育効果」というものも含めて考えていただければなと思っているところです。
採って食べることによって昆虫食について考えてもらうきっかけにしたい。

清水
そうやって意味のある活動というか、教育目的があってされているということですね。

内山
それもあって、一昨年から、昆虫料理研究会をNPO法人化しています。それによって、社会貢献である側面をより打ち出していきたいし、行政と対話する際のハードルが少しでも下がればと考えています。

清水
内山先生のイベントは、セミの採取数なども調べていると聞いていますし、そうやっていろんな側面に配慮されていると思います。
僕、昆虫食のオンラインセミナーに参加したことがあって。

丸沢
昆虫食のオンラインセミナー!?

(一同笑)

清水
大量にセミを採っているのを自慢している人がいて、気分が悪かったですね。そんなに採ってどうするんだよっていう・・・

丸沢
昆虫業界あるあるですが、カブトムシやクワガタムシは何となく希少なものに思えて、そういうものをいっぱい取れる自分はカッコいい、っていう人もいますよね。今日はこれだけ取りました、みたいな。
公園っていう場所がみんなで使う場所ですよね。良識が問われますよね。

山口
丸沢さん、蜂は公園とかで採ったりしているんでしたっけ?

丸沢
公園では巣の駆除はしていないですね。公園内であれば、働きバチが樹液を吸いに来ているのを捕まえたりはありますね。
虫取り網持っていると白い目で見られることはありますね。

清水
大人ですからね!笑

丸沢
何取ってるんですか?と言われて蜂ですと言って怒られたことはないですね。笑

清水
スズメバチは危ないですもんね。

丸沢
そうなんですよ、ごくろうさまです、的な。

清水
それについては、公園管理の人からしたらどんな感じなんですかね?

山口
スズメバチの巣を採りたいですともし、申し出があったら、セミは、良いというかもしれないですが蜂はかなり慎重に判断しますね。
蜂を採取することで、巣を刺激し、他の来園者を刺してしまうと非常にまずいですからね。
セミはオシッコ掛けられるくらいで済むんで大丈夫ですけど。まあ、丸沢さんレベルの人なら安心だからいいんですけど。笑

清水
夏に東京に行ったときに訪れた某レストランで食べたセミについては、お店の方が「新宿の公園で採りました!」って言ってましたけど、これってアウトですよね?

山口
適正な手続きを取っていないのであればアウトですね。公共物を使ってビジネスしているわけですから。
公園の柿をもぎ取って市場で売っていいわけないですよね。まさに条例に規定されている「行商これに類する行為」に該当するわけです。

 

丸沢
こっちで多いクマゼミなんかは、光ファイバーのケーブルに産卵したりして、駆除っていう名目だったらまた変わってくるかもしれませんよね。

内山
駆除という例で言うと、長野県なんかはリンゴ農家の方は、セミが大量発生すると、幼虫が根っこの樹液を吸ってしまい、樹勢を弱めてしまうので、困っているそうです。
長野県の人はさすがですね、駆除した幼虫を、信州セミの缶詰を作って売り出した経緯がありますね。

丸沢
違う形で駆除したものが利用されるのはいいですね。

山口
公園で困ってる虫ってなんでしょうね?
セミがうるさいとか、サクラにケムシがついているとか、蜂が怖いとか・・・

清水
全部美味しい虫ばっかりじゃないですか!!

山口
許可したくないっていう心理の中には「得体が知れないものは嫌だ」っていうのがありますよね。
衛生的にはどうなんでしょうね??
私もかずきくんとイベントを県立公園でしたときには、農薬つかってるかどうかとか、だいぶ気を遣った経緯はあります。

内山
死んでいる虫は使わないことと、しっかり火を通して調理すれば問題ありません。私も20年間虫を食べていますが、おかげさまで健康です。笑

丸沢
皆さんのお手元には某週刊誌に掲載された都内のある区のケースをお配りしています。

山口
私的には、この担当者の受け答えは全く気に入らなくてですね・・・笑
乱獲・大量採取って何匹?食用はどうしてダメ?そもそも、条例に昆虫って書いてないのにどうして動植物なんて雑なくくりで運用できるの?とかね。
そもそも、こんな看板、客観的に違和感しかないでしょう?笑
なんでもかんでも看板立てたらいいってもんじゃないですよ。昨年の研修でボーネルンドさんに来てもらって、「日本の公園は魅力がない、つまらない」という話を聞きました。その原因が、あれもダメ、これもダメ、という看板にあります。私も公園管理の中で看板は最小限にという方針で余計なものをどんどん撤去してきました。
これはおそらく、近所の人に文句言われて場当たり的に看板作ってるのかと思いますね。
私は禁止しても許容してもどっちでもいいと思うんですよ。それぞれの自治体に考え方があってしかるべきですから。ただ、禁止するならそれなりに法令に基づいた論理的な理屈を考えるべきですよね。
あと、これは奈良県の条例のケースですが、「学術研究目的は禁止事項を適用しない」という特別ルールがあります。
NPOの場合も、しっかりした目的があります。もし、一般の人からの申し出を断りたいのであれば、これを適用し、厳格に選別してもいいと思いますね。
そうなると、例えば、かずきくんが単独で申請した場合、私は大学の研究室と連名にせよと指導しますね。

丸沢
そうなると、結局、注意しないといけないことって何でしょうね?

山口
正攻法で行くなら、まずは申請の有無を確認することですね。単なる採取なら許可は要らないと考えています。仮に食用であろうとなかろうと。条例に書いていませんから。
イベントとして行う場合、どう扱うかは自治体次第ですね。
けど、最終的には事前調整が整わなくても申請書を出しちゃうことはできますよ。出したら受理しないといけないって行政手続法に書いていますから。不許可なら、その理由を見て、気に入らなければ審査請求、そこでも気に入らなければ再審査請求すれば、最後は都庁なのか、国土交通省なのかで審査されることになります。
まあ、普通そこまでやらないですけど・・・苦笑

内山
先ほどの講演でもお話ししましたが、国でも先進的なモデルとして、昆虫食を認めはじめました。農水省では検討チームが設置されましたし。国もこれからの代替タンパクとして昆虫食を認めています。
昆虫食の普及はまさに、そうした活動の流れでありますから。

山口
いろんな管理上の考え方があると思います。答えはないんですよね。
どうしても許可したくないんであれば、「夜は暗いから危ないとか」「園路から外れた場所では危険」とか、別の理由をつけて不許可にすることもあるかもしれませんよね。
セミを採って食べることの是非については、私はたぶん判断しないと思いますね。

内山
私もずっと迷ってました。が、少し今日、トンネルの先の灯りが見えた気がしますね。
今年はぜひ、申請をしてみたいですね。

(一同爆笑)

山口
申請はぜひ、奈良県外の公園へお願いします。笑

丸沢
絶対みんな対応したくないよね。笑

山口
今日は、たまたま「昆虫採取」を掘り下げて議論してみましたけど、これに限らず、公園ではいろんなことが起こると思います。
答えはないんですが、法令に基づいて、論理的に考える思考を身に着けていって欲しいなと思います。

(5)丸沢さんのスズメバチセミナー
・公園管理の悩みの種であるスズメバチ対策について、丸沢さんの駆除動画を交えた生態の解説などを引き続き行いました。

最後は講師4名で記念撮影。

次回のセミ会はぜひ、私たちと一緒に!!!

(原稿:内山、清水、山口/法令記載監修:山口)

当パネルディスカッションはあくまで奈良県における都市公園の実例などを元に運用について研修会の場において、意見交換を行ったもので、奈良県の公式見解ではありません。実際の許認可や運用については、当該都市公園の公園管理者の裁量によります。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
未分類
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会 | 昆虫食イベント情報
タイトルとURLをコピーしました