プロフィール


内山昭一

内山昭一(うちやま しょういち)

1950年長野県生まれ。昆虫料理研究家、昆虫料理研究会代表、食用昆虫科学研究会会員。幼少より昆虫食に親しみ、99年より本格的に研究活動に入る。どうすれば昆虫はよりおいしく食べられるのか、味や食感、栄養をはじめ、あらゆる角度から食材としての可能性を追究。著書に、その成果をまとめた『楽しい昆虫料理』(ビジネス社)、『昆虫食入門』(平凡社新書)、『人生が変わる!特選昆虫料理50』[共著](山と渓谷社)、『食べられる虫ハンドブック』[監修](自由国民社)があるほか、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、インターネットなどあらゆるメディアで昆虫食の普及・啓蒙に努めている。東京都日野市在住。昆虫食彩館(昆虫料理研究会ホームページ)http://insectcuisine.jp/

▼著作

「昆虫食入門」
ムシを食べる人も食べない人も、「食」に関心ある人におススメの一冊。「選食の時代」に昆虫食のスタンダードを目ざす。(平凡社刊・本体840円)


「楽しい昆虫料理」
待望の昆虫レシピ決定版。虫をおいしく食べるノウハウ満載。奥本大三郎氏との虫食い対談も面白い。好評発売中。(ビジネス社刊・本体1600円)


「昆虫を食べてわかったこと」
食の常識革命!(サイゾー)


「人生が変わる! 特選 昆虫料理50」
オールカラーの本格的昆虫料理レシピブック。(山と渓谷社刊)


「食べられる虫ハンドブック」
食用昆虫を一挙紹介したはじめてのハンドブック。(自由国民社刊)