東京虫くいフェスティバルVol.7


東京虫くいフェスティバルVol.7

日本初の昆虫料理レシピアワードをはじめ、幅広いコンテンツの昆虫食カルチャーがギュギュっと詰め込まれたトークイベント「東京虫くいフェスティバル」。第7回目を迎える今回は、虫たちが活動を始める春の開催となるため、気分は「虫食いシーズン幕開け2017」! そんなむしくい欲が芽吹く会場をさらに盛り上げてくれるゲストには、ニコニコ動画の「多摩川自給自足生活」に火がつき、ファンを増やし続ける和製ベア・グリルスこと「カメ五郎」氏、出版甲子園で優勝し2005年に『恋する昆虫図鑑』を上梓した女子大生・篠原かをり氏が登場。もちろん、毎度おなじみの昆虫食啓蒙をリードする内山昭一、虫食いカルチャーをこよなく愛する映像作家永井尋己、虫食いライタームシモアゼルギリコも、新ネタをご用意してお待ちしております。そして注目度の高い「昆虫料理レシピアワード」は、過去のグランプリ作品「虫パエリア」「セミムースのモウセンゴケソース」「タガメキッシュ」を超える料理が現れるのか⁉ むしくい魂が一斉に芽吹く春、ぜひご一緒に楽しみましょう。昆虫料理レシピアワードの参加者応募受付中。虫食いビギナーもベテラン勢も、たくさんの方のご参加をお待ちしております!

■日時/2017年4月22日 16時OPEN 16時半START
■場所/さくらWORKS(関内から徒歩5分)
■料金/2500円
■申し込み方法/mushifestival@gmail.com 左記アドレスにて予約受付中
■出演者/内山昭一(昆虫料理研究家)、カメ五郎(サバイバル愛好家)、篠原かをり(『恋する昆虫図鑑』著者 作家)、永井尋己(虫フェス主催の映像作家)、ムシモアゼルギリコ(虫食いライター)

■昆虫料理レシピアワード参加応募について
<ルール>
・虫は必ず加熱調理したものを使用してください。( 生ものや十分火の通っていないものを食するのは厳禁です) 調理時の衛生面にも気を付けましょう。
・応募者のオリジナルレシピであることが原則です。( 他人のレシピ転用禁止)
・材料(虫)を採取する場合は、 採取していい場所かどうかを確認しましょう。( 昆虫類の持ち出しを禁止している公園もあります。 里山など荒らすことも注意しましょう)
・何レシピでも応募いただけます。
・蜘蛛などは「昆虫」ではありませんが、広義の虫をして使用可。

<使用禁止の虫>
未同定の虫、図鑑に「毒がある」と記載のある虫(例: ツチハンミョウ類)

<その他>
はじめて食材を試食するときには、他の食材と同様に、 昆虫にもアレルギーのリスクがあることを理解し、 自己責任で食べてください。
(甲殻類アレルギーのある方は、ご参加いただけません)

<応募方法>
下記の項目をmushifestival@gmail.comから応募ください。運営委員会にて選考させていただきます。 締切3月31日。
・オリジナル虫料理レシピ
・このレシピを考案したエピソード
・料理の写真を添付してください。
・氏名(偽名不可)※ 公開時にハンドルネームを希望される方はその旨もお書きください 。
・メールアドレス
・電話番号

審査通過の方は4月3日にご連絡させていただきます。 一次審査通過の方は4月22日(土) 東京虫くいフェスティバル当日に都内(さくらWORKS)会場へ料理を持参( 当日のご参加が難しい場合は適宜対応させていただきます) 審査員(内山昭一以下数名)が試食&審査いたします。