314 ジョロウグモ発見


家の近くを歩いていて巣をかけたジョロウグモを発見した。こんな12月も半ばになって生きたジョロウグモを見るとは驚きだ。生存するクモがいるということは、餌となる小昆虫の存在もうかがわさせるものだ。この時期に関東付近で他にジョロウグモを見た人がいたら報告ください。


314 ジョロウグモ発見」への10件のフィードバック

  1. 千葉県我孫子市在住です。ジョロウグモ、まだ数個体いますが、生きているのか、張った巣にいる状態で死んでいるのかわかりません。生きていても余命わずかでしょうし、食用に採集しても問題ないですね。

  2. キノコハンターさん、しばらくです。そうですね、年越しは無理かも…。もういいおばあちゃんなので美味しいかどうかは保証の限りではないですけど。

  3. はじめまして。いつも楽しみに拝読しています。
    こちら房総の鴨川ですが(東京湾寄りの山の方です)、庭先に張られた網で今日もまだモゾモゾしていました。今晩これからの冷え込みを、はたして乗り切れるかどうか・・。
    そのうちこちらのムシもぜひ食べにいらしてください!

  4. ジョロウグモ、まだ生きてます@鴨川。年末の冷え込みのあと、かたまったようにじっとしていたので、もう死んだかと思って忘れていましたが、おととい、せっせと巣を修理しているのに気付きました。
    >鴨川の昆虫はどんな味でしょうか
    夏ごろに田んぼのカメムシを食べに来ていただけると、たいへんありがたいです。(笑)

  5. 百一姓さん、なんて長生きなクモさんでしょうか。きっと鴨川の自然がすばらしいせいでしょうね。田んぼのカメムシとは、なんと誘惑的なお誘いでしょう。夏の楽しみがまた一つ増えました。

  6. カメムシ、冗談のつもりが、食べられるモノだったとは・・・! 特にクモヘリカメムシが多いです。あまり食べでがなさそうですけれど。↓これ
    http://hyakuishou.exblog.jp/8958335/
    養蜂も少しやっているので、秋口は巣を襲撃しに来るスズメバチ軍団に手を焼かされます。ムシを日々ながめながら、いつも内山さんのブログが頭に浮かぶのですが、実践(=食べる)までにはなかなか至りません。

  7. 我孫子市でも、今朝生きたジョロウグモを確認しました。触ったらもぞもぞ動きました。この季節に餌があるのかどうかわかりませんが、それよりもこの生き残り個体が秋に産卵を終えたのかどうかが気になります。

  8. 百一姓さん、カメムシは臭いのが定評ですが、食べて病みつきになる種もいると聞いています。そのあたりを実証してみたい誘惑にかられます。

  9. キノコハンターさん、我孫子でも生存しているのですね。ひょっとして産卵していない個体が生き残るのでしょうか。虫には不思議なことばかりで興味が尽きません。

コメントは停止中です。