410 保存のポイント-冷凍と粉末

スポンサーリンク

ついでに保存のポイントを簡単に。
 
昆虫食材は食べたいと思ってもすぐ手に入りません。そこで取りだめ、買いだめをして保存しておくことになります。保存方法には冷凍と乾燥の二つがあります。
◆冷凍保存  
食材の組織の劣化をできるだけ防ぐため、さっと熱を通し、小分けにして冷凍することが基本です。とはいえ家庭用冷蔵庫だと急速凍結は無理ですし、開け閉めも頻繁なので、どうしても品質低下はさけられません。そこで小型専用冷凍庫があると便利です。開閉頻度が少ないので、品質低下をある程度遅らすことができます。それに昆虫食をご家族いっしょに楽しむのならいいのですが、そうでない場合は家庭円満のためにも専用冷凍庫がオススメです。
◆乾燥保存  
乾燥させると常温で長期に保存できます。以下の手順で行ってください。
(1)湯通しする。
(2)ペーパータオルで包んで水気を切る。サクサンなど大きいものは皮にハサミで切り込みを入れる。
(3)網にのせて直火にかけ、焦げない程度に焼いて水分をとばす。
(4)ネットに入れて軒下に吊す。魚の干物用のネットがあれば便利。 天気が続けば数日で出来上がります。コーヒーの空き瓶などに入れ、乾燥剤を入れて保存します。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
未分類
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会 | 昆虫食イベント情報
タイトルとURLをコピーしました