自然

スポンサーリンク
イベント

537 若虫会のご案内

昆虫料理研究会第37回例会「春の若虫を食べる会」(若虫会)のご案内 ◆日時  2012年6月3日(日)午前11時(雨天中止) ◆集合場所  京王線相模原線(橋本方面行き)稲城駅下車、改札出て南口 ◆持ち物 ...
自然

522 カマキリ卵のう集め

今年もカマキリ卵のうを採集して部屋の壁に吊るす。孵化した幼虫は冷凍保存し、冷奴のトッピングなどにつかう。
自然

507 またまたバッタ会

日曜日にバッタ会に呼ばれて参加した。日本科学未来館の有志が多摩川河畔に集まり、採集から試食までを楽しんだ。主催者を除いて全てが女性。仕事柄好奇心旺盛な女性ばかり。バッタを追ってネットを振り回し、唐揚げをバリバリ食べて、秋の味覚を満喫した。 ...
自然

505 今年も楽しくバッタ会

2011年10月8日(土)、恒例のバッタ会が今年も楽しく行われました。今年は1歳の双子の男の子も参加してくれました。次代を担う強力な後継者となってほしいものです。お子さま連れ大歓迎です。 ●バッタの唐揚げ ●サクサンのガーリックバター焼き ...
自然

499 エビガラスズメの季節

これから秋の終わりにかけてスズメガの幼虫の季節だ。とりわけエビガラスズメは皮の内側が肉厚で旨みが濃い。近くの土手で初物を見つけて捕獲、さっそく茹でて一年ぶりの味をかみしめた。
自然

489 虫食いシーズン到来

今年も平年より早く梅雨が明けた。本格的な虫食いシーズンの到来である。アブラゼミの初鳴きを聞く。さっそく近くの川辺の草むらでバッタを採り、クワの木などめぐってクワカミキリとカナブンを採る。夜のつまみとして、バッタとカナブンは揚げ、バッタはサク...
自然

483 若虫会を楽しむ

6月4日、稲城の里山で「若虫会」を開催。総勢20人。梅雨入りが早かったので心配したが、この日は晴れて絶好の虫取り日和だった。文字通り収穫されたのはまだ小さい若虫たちだったが、アウトドアで採集・調理・試食ができて、これぞ昆虫食という体験ができ...
自然

458 冬の虫さがし

仲間五人と里山へ入る。お天気は風もなく晴れて上々。今年初めての虫取りに興奮する。ヤマトシロアリ、トビズムカデ、コクワガタ、キイロスズメバチ、シロテンハナムグリ、マイマイカブリ、ハナカミキリなど採集する。楽しかった。
自然

453 女王、年を越す

昨年の「虫フェス」のとき、ハッチー小川さんからいただいたオオスズメバチのなかに女王バチが何頭かいた。そのうちの一頭が生き残り、なんとか年を越した。部屋のなかなので毎日昆虫ゼリーを食べては元気に羽音を響かせている。春まで生きながらえることが...
自然

452 ジョロウグモ採集

今年は昆虫食イベントや取材など多く、山へ入る時間がなかなかとれなかった。ようやく28日に近くの里山へ入る。目的はジョロウグモ採集である。昨年は11日に捕っているので2週間以上も遅い。収量を期待せず入ったのだが、天気も良くて、思っていた以上の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました