未分類

未分類

065 ショウリョウバッタとマメコガネの素揚げ

この二種は草むらを歩くと容易に採集できる。五センチほどに育ったショウリョウバッタと、一センチに満たないマメコガネだ。素揚げがお勧め。揚げすぎない注意が必要だ。さっと揚げるのがコツ。180度で30秒ぐらいが目安か。草むらをしばらく歩くとビー...
未分類

064 クワカミキリの網焼き

梅雨の晴れ間に近くの河原に出かける。目的はクワカミキリだ。自生するクワの枝に目をやると、「いた。いた」今年も出会えた。嬉々として大型の個体を採取する。 さっそく網で数分焼く。香ばしい匂いがしてきたら焼き上がりだ。今年の初物をいただく。これ...
未分類

054 揚げカマキリ

以前にブログで書いたが、秋に卵ノウを採集しておく。すると4月半ばから5月の連休にかけて、卵ノウから次々カマキリの赤ちゃんが孵化する。これを集めてカリッと香ばしく揚げると、さまざまな料理にトッピングして楽しむことができる。たとえば、サラダ、...
未分類

041 カマキリ卵のう収納法

フィールドでカマキリの卵のうを多量に採集した場合、孵化までどうやって保存するか迷う人も多いだろう。そこで以下の方法を考えたので試してみてはいかがだろうか。 材料 チャック付きポリ袋(チャック下240mm、幅170mm) 割り箸 セロテープ...
未分類

031 納豆菌がやってきた!

 なんとゆかしい袋ではないか。画像ではわかりにくいが上部に金太郎マークが印刷されている。「我が社の元気な納豆菌で、金太郎のように強くなってね」という製造元の願いが込められていそうなほほえましいデザインである。    袋には粉末納豆菌4gが...
未分類

030 クモと玉子のファルシー

今回はオードブル。玉子のファルシーにカラっと揚げたジョロウグモをトッピングしてみた。クモは揚げると香ばしく癖がないのでとても食べやすい。しかも長い脚の形が揚げると様々で、変化の妙を視覚でも楽しめる。これからのパーティーシーズンに向けてぜひ...
未分類

029 多摩美大、女7人衆に栄光あれ

 今回画期的な試食会が行われた。多摩美大の「書物研究」ゼミ室で、くらばぁずらばぁ編集長のもと、総勢7名の女傑が挑んだ模様。昆虫料理研究会主催の定例とは別に、こうした臨時の試食会が催されるのはきわめて稀と言える。    詳細はこちら。    ...
未分類

028 ミノムシべっこう飴のタルトレット

前回に引き続き、手軽でおいしく出来るスイーツをご紹介します。ここでは季節に合わせて冬の風物詩であるミノムシを使っていますが、入手が難しいので、手に入りやすいその他の虫で代用してももちろんかまいません。またカスタードクリームに茹でたタガメの...
未分類

027 バグチョコミックス

今年もいよいよクリスマスシーズン到来だ。クリスマスパーティに欠かせないのが甘くとろけるスイーツ各種。そこで今話題沸騰(のはず)のバグチョコミックスを紹介しよう。かんたんに手作りできるので、愛する人へ心からのプレゼントとして、ぜひあなたも挑戦...
未分類

026 朽ち木くずし(その2)

ムカデ以外の成果は以下のとおり。 ●キイロスズメバチ 本種は交尾したメスが越冬し、翌春女王として営巣活動を始める。軒下などに大きな巣を作ることで知られている。朽ち木の中で冬眠にはいっている所を発見。持ち帰り冷蔵庫に保管している。標本にする...
タイトルとURLをコピーしました