200 水棲昆虫のカナッペ

スポンサーリンク

群馬の方から水棲昆虫を何種類かいただいた。さっそくカナッペにしていたたく。クラッカーにワサビマヨネーズをつけ、それをノリ代わりに虫をのせる。虫は全て素揚げである。

「タイコウチ」
ほとんど無味、サクサクの食感。

「クロスジギンヤンマ」
揚げるとサクサク。茹でた頭をはずして吸うと、玉子の黄身に似た甘味がほのかに味わえる。


「コヤマトンボ」
「コオニヤンマ」
揚げるとサクサク。茹でて殻を開くとわずかに身がある。コイやフナなど川魚に似た味がする。


「ヒメガムシ」
「ハイイロゲンゴロウ」
小さな木の実とか豆の食感。無味。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
昆虫料理
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会

コメント

  1. kokusa5884 より:

    タガメほどではないにせよ、タイコウチも甘い香りがしたはずですが、これはそういう感じは無かったんでしょうか。

  2. せつな より:

    あの程度の香りだから、揚げた時に消えちゃったんじゃないでしょうかね

  3. urasimaru より:

    標本みたいできれい。

  4. bugeater より:

    そのものの微妙な味と香りを楽しむには茹でるか蒸すかですが、そうすると外皮が気になってきます。優雅に楽しむか、ばりばり食うか、お好みでどちらかですね。

  5. 通りすがり より:

    ガムシも独特の臭いがありそうですが、火を通すと無臭なんですね。

タイトルとURLをコピーしました