240 「昆虫食のひるべ9」のご案内

スポンサーリンク

2008年4月27日(日)15時〜18時
会費2000円 予約制
会場 JR中央線阿佐ヶ谷駅前、カフェバー「よるのひるね」
※このイベントに限り、個人用ペットボトル(飲物)をお持込いただけます。
*********************************************
メニュー(予定)
■虫ちらし寿司
スズメバチをベースに昆虫各種を散らした春の味
■カイコの腐乳田楽
前回好評だったカイコの腐乳漬けを厚揚げにぬって焼く。
■マダゴキの山椒味噌焼き
開いたマダゴキに山椒味噌をたっぷり塗って香ばしく焼く。
■その他
*********************************************
タイムスケジュール
15時〜16時30分 調理
16時30分〜18時00分 試食&フリートーク&昆虫(食)ビデオ
*********************************************
※ご予約・お問い合わせは内山までメール(E-mail:entomophagy@shichigatsudo.co.jp)か、「よるのひるね」まで。5月以降のイベント予約もどうぞ。
「よるのひるね」
電話:03-6765-6997 FAX:03-5373-5545
E-mail:yoruhiru@jcom.home.ne.jp
*********************************************
今後の予定
【野外例会】
■05月24日(土)「春例会(若虫会)」(雑木林)
■08月02日(土)「夏例会(セミ会)」(公園)
■10月11日(土)「秋例会(バッタ会)」(河岸)
【昆虫食のひるべ】予約制
■06月22日(日)「第10回昆虫食のひるべ」(よるひる15時〜18時)
■08月24日(日)「第11回昆虫食のひるべ」(よるひる15時〜18時)
■11月23日(日)「第12回昆虫食のひるべ」(よるひる15時〜18時)
【昆虫食のよるべ】予約制
■07月21日(月)「第3回昆虫食のよるべ」(よるひる19時〜22時)
■09月22日(月)「第4回昆虫食のよるべ」(よるひる19時〜22時)
【その他】
■7月26日(土) 「クマゼミ会」(大阪)
■11月23日(日) 「ゲンゴロウの会」(長野県佐久市)

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
未分類
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会 | 昆虫食イベント情報

コメント

  1. キノコハンター より:

    27日は大変刺激的で、これからどんどん食用の虫採りをしたくなりました。ありがとうございました。アンケートは別途送信します。

    話題に出たカメについて調べてみました。
    カミツキガメとワニガメは近縁の別種で、ワニガメは甲羅中央に山脈状の盛り上がりが3列あって全体的に凹凸しており、口の先端がカミツキガメよりも強く湾曲しています。ネット情報によるとカミツキガメは甲羅の長さ50センチ、35キロ程度まで成長し、ワニガメは甲羅の長さ70センチ、80キロに達するそうです。これらは最大記録なので、普通はこの半分以下でしょう。
    カミツキガメは国内数箇所で野生繁殖が確認されていますが、最大の繁殖地は千葉県印旛沼周辺のようです。ワニガメの野生繁殖確認は上野の不忍池の1例だけのようです。

  2. キノコハンター より:

    字数制限で書ききれなかったのでカメの続きです。
    印旛沼では90年代から調査が行われ、2007年度から県が業者委託して駆除を開始しました。07年は4-10月の期間中に籠罠50基によって246匹が駆除されたそうです。捕獲後は冷凍殺処分の上、研究用サンプルの小型個体以外は一般廃棄物として処理されているそうです。
    ワニガメは美味しいため米国で一時乱獲され、その後捕獲規制されたようです。カミツキガメも美味しいと思われますが、「印旛沼に近いラーメン屋では泥臭くて肉がまずいため商品化を断念した」とのネット情報もあったので、生息環境によってはまずくなるのかもしれません(下処理や調理法が不適切だった可能性もあり)。
     現地で捕獲・調理することは合法ですが、水中では臆病で人が接近すると逃げるそうなので、捕獲は難しそうです。冷凍殺処分をした後に分けて貰いたいですね。

  3. bugeater より:

    キノコハンターさん、さっそくカミツキガメ情報ありがとうございます。なんとか試食してみたいものです。冷凍殺は食べることを前提していないので泥抜きなど当然しておらず、したがって泥臭さをどう緩和するかが調理のポイントと思われます。鯉料理が参考になりそうです。ぜひ挑戦してみたい食材です。

タイトルとURLをコピーしました