406 赤い虫

スポンサーリンク

よもぎたさんの柳虫コメントは実に誘惑的である。とうとう先日おじゃまして採取させていただくことになった。ターゲットは河原の折れ曲がった柳である。20センチほど切って割るとぼろぼろ赤い虫がこぼれ落ちてくる。何とも快感である。ボクトウガの一種とみられる。熱を加えても赤みが消えないのがいい。さっそく阿佐ヶ谷のイベントに持っていってさっとゆでてたべてもらった。何の味だろうということになり、誰かが「ぎんなん」だといい、みんなおおいに納得した。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
自然
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会

コメント

  1. 7k8m より:

    上品な味だったと思いますー。

  2. よもぎた より:

    壮観ですね。
    迫力ありますね。
    いり卵と茹でたホウレン草をトッピングしての
    三色丼なんて美しそうですね。
    でも、ギンナンの味でしたら、
    茶碗蒸しが最適かも知れませんね。
    色といい量といい
    料理の幅が広がりそうですね。

  3. bugeater より:

    よもぎたさん、お世話になりました。茶碗蒸しに浮かべるとすごくいいと思います。どんぶりも赤が映えそうですね。さまざまな可能性を秘めたすばらしい食材をほんとうにありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました