038 「育菌」の美肌効果

スポンサーリンク

青木皐『人体常在菌のはなし──美人は菌で作られる』集英社新書、2004年
「育菌」がいかに人間の健康に大切かを解いた書。通常人の皮膚や消化器官などに暮らす菌の数はなんと100兆個なのだそうだ。これを「人体常在菌」という。いわゆる善玉菌もいれば悪玉菌もいる。多種多様な細菌と共生することで、免疫力が上がって健康が維持され、肌も美しくなる。
明治33年に「衛生唱歌」なる歌が作られ、衛生概念の普及に一役かった。その中に次の一節がある。
いとまある日は野辺にいで 清き空気を十分に
吸ふは滋養の食物を 食ふに劣らぬものぞかし
「清き空気」といっしょに自然界にいる多種多様な菌も吸い込む。これは栄養のある食べ物に劣らず衛生上大事なのだ。
ここでいささか我田引水気味にまとめてみる。昆虫料理研究会の試食会は、自然界にいる様々な菌と共生するまたとないチャンスである。観察だけではこうはいかない。それに加えて、ミネラルたっぷりの虫も食べてしまうのだから一挙両得である。どうりで参加する女性陣はみんな素肌美人である。
昆虫を取って食べることがいかに健康増進につながるかが、本書を読めばよく分かる。昆虫食を奨める科学的根拠となる良書である。一読をお勧めしたい。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
健康
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会 | 昆虫食イベント情報
タイトルとURLをコピーしました