177 オオスズメとアシナガの素揚げ

スポンサーリンク


クヌギに来たオオスズメバチを二頭取った。ついでにベランダのアシナガの巣を取って、一緒に素揚げして初物を味わった。オオスズメはカリカリ、アシナガはサクサク、幼虫はシコシコといった具合で、三種類の食感を味わうことができた。旬の味覚である。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
昆虫料理
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会 | 昆虫食イベント情報

コメント

  1. ぽるこ より:

    す、すごい迫力ですね、オオスズメバチ。美味しそうだけど採るのには勇気いりそうですね(泣)

  2. 通りすがり より:

    アナフィラキシーは?
    火を通してるし、大丈夫なのかな?

  3. らら より:

     ハチに刺されて死ぬと言うとショッキングなので大騒ぎされるけれど、ハチ毒のアレルギー体質の人というのは、大騒ぎするほど沢山いるものなんでしょうか。ソバアレルギーの人などと比べてどうなのかといつも首をひねってます。

  4. bugeater より:

    >ぽるこさん
    巣に近づくと集団で襲われますが、単独で樹液に来ている場合は比較的安全です。スズメバチさんがお仕事に集中している時にネットですくい取ります。とはいえ採集にはくれぐれもご注意を。

  5. より:

    いつも楽しく見させてもらってます。
    名古屋で虫OFFあったら是非行きたいんですけどね~><

    蜂と言えば、昔蜂の子を生で食べていた思い出が懐かしいです。
    森のミルクとはまさにこの事ですよね。
    蚕はちょっと苦手でしたが・・・。

    bugeaterさん的には、幼虫で一番『美味しい』と思うのは、どの虫ですか?^^

  6. bugeater より:

    >舞さん
    名古屋でここぞというポイントがあったら是非行きたいですね、関西にも会員がいますので、名古屋は集まりやすいかもしれません。

    ご指摘のように、蜂の子は森のミルクの名に違わず独特の深い甘みがあり、食感もまた格別なものがあります。カイコさなぎは臭味が強く、苦手な人が非常に多いようです。最近燻製にすると臭味がかなり緩和されることが分かりました。我が妻もこれまでカイコさなぎはダメだったのですが、燻製にすることで食べられるようになりました。これは画期的なことです。舞さんも機会があったら(そうないかもしれませんが)ぜひお試しください。

    私的においしい幼虫ベストスリーは、セミ幼虫、テッポウムシ(カミキリ幼虫)、そしてやっぱり蜂の子でしょうか。どれが一番かはそのときの気分で変化し、一定ではありません。

  7. はじめまして!いつも楽しみに拝見させてもらっています。
    オオスズメバチの生け捕りを焼酎に漬けたものを大事に飲んでおります。
    友人にお裾分けすると、元気が出ると絶賛されています。
    他に虫の焼酎漬けでよろしいものがありましたら教えてください♪

  8. 通りすがり より:

    私の実家では、ムカデを焼酎に漬けてましたよ

  9. 通りすがり より:

    >bugeaterさん
    そうですか、加熱で失活するなら、問題無しですね

  10. bugeater より:

    >トコリーナさん
    ブログ拝見。たくさん漬かってますね。スズメバチの焼酎漬けはよく聞くので、それだけ体にいいということでしょうか。うちでも昨年ウォッカに漬けました。透明だったウォッカが琥珀色に染まって美しく、呑むのを躊躇しています。

タイトルとURLをコピーしました