205 タニシのバター焼き 貝殻詰め

スポンサーリンク


ゲンゴロウの会のついでに立ち寄った道の駅で生きたタニシを買った。50個ぐらい入ってパック詰めされ、260円で売られていた。土日と水槽に入れて泥抜きし、調理にかかった。詰める貝殻は、以前買ってあったヤドカリの殻から選んだ。
1 3分間下ゆでする。
2 バターを熱したフライパンに入れていため、ニンニク、塩、コショウで味を調える。
3 貝殻に2、3個づつ詰めて完成。
味は悪くないし、歯触りもそれほど硬くはなく適度なシコシコ感がある。タニシもこうすると高級料理の風情である。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
昆虫料理
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会

コメント

  1. 泥まみれ より:

    うまさうだ。
    タニシは俺も食つたことがあるよ。確かバター焼きのやうにしたと思ふが、
    ちよつとまへのことだから、違つてゐるかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました