228 はちの子、かいこ、サクサンのバター焼き 貝殻詰め

スポンサーリンク


バターがとけて香ばしい匂いが鼻孔をくすぐる。焼きたてをほくほく食べよう。
(材料)
クロスズメバチ幼虫
カイコさなぎ
サクサンさなぎ
バター
塩コショウ
貝殻
(作り方)
1 カイコさなぎは半分に切る。
2 それぞれ炒めて塩コショウする。
3 サクサンは殻をむく。
4 貝殻につめ、バターを塗る。
5 網の上で焼く。バターがとけたら出来上がり。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
昆虫料理
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会 | 昆虫食イベント情報

コメント

  1. 通りすがり より:

    焼いてるときの、バターと虫の蛋白質が絡んで焦げる匂いが
    たまらなさそうですね。

  2. bugeater より:

    通りすがりさん、本当にたまらないですよ。美味しさにおける匂いの要素は重要ですね。セミの燻製やタガメの柑橘系の香りなどで、そのことがよくわかります。

  3. かおり より:

    はじめまして
    先日蜂の巣を買ってきたのですが大変おいしかったです!
    こちらも大変おいしそうです!

  4. bugeater より:

    かおりさん、この時期に蜂の巣は貴重ですね、冷凍物でしょうか。ご自分で蜂の子を抜いて調理されたのですか。

  5. ちり より:

    おいしそう

  6. 通りすがり より:

    ここまで美しく調理されれば、もう昆虫料理を下手物なんて言わせない

タイトルとURLをコピーしました