017 女郎蜘蛛の恋の季節

スポンサーリンク


ジョロウグモの恋の季節の到来だ。立派な円網の中心にお腹の赤い成熟した大きなメスが陣取っている。その近くに目を凝らすと豆粒ほど小さなオスが交接の機会をうかがっていたりする。オスの存在感のなんと希薄なことか。
思い立って近くの林道を歩く。ジョロウグモは小昆虫がいそうな場所にまとまって巣を張っている。次々とメスを30頭ほど採取して持ち帰った。小分けにして冷凍。
クモはまだ食べたことがなかった。成熟メスの採集時期が限られていることもあり、ふと気が付くと時期はずれになっていたりする。クモはいわゆる昆虫ではない。足が二本多い。でも同じ節足動物の仲間だし、カニやエビとも近縁なのだ。美味しくないないはずはない。
そこでとりあえず取り立ての新鮮な二頭を茹でてみる。2分ほどゆでたが赤や黄の体色は消えない。塩をふってゆっくりかむ。卵がつまっている。淡泊で癖がなく、一定の歯ごたえがある。これはいけると直感。
いろいろなレシピが考えられる。たとえば茶碗蒸しのトッピングにどうだろう。色が褪せないのがいい。ギンナンの食感に似ている。冬場になったら納豆菌をふりかけてクモ納豆を作ってみようかなとも思う。するとあの色彩はどうなるのだろう。興味がつきない。
クモを食べるとなると毒は大丈夫かという話になる。ジョロウグモ毒は微量だし、茹でたりすれば流失する。しかも食べる部位は毒牙を有する頭胸部を取り去った腹部である。だから安全である。むしろ採取の際かまれると少し痛い。でもセアカゴケグモのような強いショック症状を起こすことはない。
毒も有効に用いれば薬になる。ジョロウグモ毒は痴呆症の予防薬として研究されている。脳で血流障害が起きるとグルタミン酸が多量に放出され、神経細胞が過剰に興奮し、細胞外からカルシウムイオンが流入して神経細胞が死んでしまう。ジョロウグモ毒はこの過剰なグルタミン酸の作用を抑制する働きがある。このため細胞死を抑える薬として期待されている。(川合述史著『一寸の虫にも十分の毒』講談社、167-170頁)

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
昆虫料理
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会 | 昆虫食イベント情報

コメント

  1. らら より:

     食べちゃうことよりも、これだけ捕まえられることがすごいですね。クモはチョコレートの味がすると聞いたことがあるんですが、どうなんでしょう? って自分で食べてみればいいのですよね(^^;

     話はぜんぜん違うんですけど、そちらのほうでニレチュウレンジを見かけませんか? ニレ科の木を食べるハバチです。ミフシハバチ科の研究をしてる人からニレチュウレンジを採集したいんだけどって問い合わせをもらいまして、心当たりの場所は探してみたんですけど、今年はいませんでした。
     もしどこかで見かけたら、ぜひ教えてください。幼虫だとうれしいんですけど、成虫の目撃情報でもけっこうです。よろしくお願いします。

  2. せつな より:

    チョコ味のクモなんて遭遇したことないですよ。
    あまりにも有名な話だけど、せめて種類を特定してほしかったですね。

  3. bugeater より:

    経験豊かなせつなさんの意見ですから間違いないでしょう。チョコ味のクモはほぼ100パーセント存在しないと思います。それでもららさんが食べてみて、そんなクモに遭遇したらぜひぜひ教えてくださいね。

    ららさんご依頼のニレチュウレンジですが、このへんで見かけたことはありません。これからもし見たらお知らせします。ところで幼虫は集団でいるようなので、ごっそりとれそうですね。全身黄色に黒い点々なので、うまくすれば美味しい食材になるかもしれないと推測します。もしも大猟に恵まれた時はお譲りください。

  4. らら より:

     わかりました。ニレチュウレンジの幼虫が大量に取れたらご連絡さしあげます(笑)でも、小さな虫なので、大量に沸いていてもたかが知れてますけどね。同じようなものでチュウレンジバチ、アカスジチュウレンジバチあたりはバラを栽培していると、必ずといっていいほど発生します。食べてみるなら、ニレチュウレンジよりこっちを試すべきかもしれません。

     クモはやはり、チョコレート味じゃないのですねー。そんなわきゃないだろと思いつつ、なかなか確かめられずに来てしまいました。そのうち食べてみます。

  5. bugeater より:

    ではチュウレンジバチ、アカスジチュウレンジバチをお願いします。バラの香りを楽しめるかもしれません。楽しみです。

  6. 椿 より:

    t私も、実は今日始めて女郎蜘蛛を美味しくいただきました!実は幼稚園の頃は大っ嫌でした。味は、一言で言うと世知辛い味ですね。世の中の政治の空気のような味でした。ややアボカドに似た味です。私は、イチゴケーキの材料薄力粉と卵とキビ砂糖と卵とイチゴを泡だて器で混ぜてケーキにしました。足を取り除いておけば良かったと後になって後悔しました。次は天麩羅にしようかなと・・。家の庭は広いので採取し放題。私は10匹つかまえました。ついうっかり、茹でて毒を抜くの忘れたけど別にいいよね。

タイトルとURLをコピーしました