362 都浅黄の蛹の味、美しい繭




6月12日に京都西陣の織元塩野屋さんから都浅黄の卵12個をいただく。孵化した11頭が11日に全て繭を作る。農工大の蜷木さんによると、目の黒くない初期の蛹が最高に美味だという。繭までのプロセスは以下。
 6月 17日 孵化、1齢
   20日 眠→2齢
   23日 眠→3齢
   26日 眠→4齢
 7月 1日 眠→5齢
    9日 繭作り開始
15日の夜、蛹二頭をいただく。1頭は生、1頭は湯通し。噛むとプチッと皮が破れ、豆乳状のじんわり甘い液体が口中に広がる。その食感は生でも湯通しでもほとんど変わらない。美味である。ただボクの好みとしては多少の歯触りが欲しい。週末には微妙な歯ごたえが感じられるのだろうか。日を追って食べ比べてみるのが楽しみ。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
料理
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会

コメント

  1. umi より:

    これは美味しそうですね。
    私も食べてみたくなりました。

  2. complex_cat より:

    うーん,美しいなぁ。和菓子の色ですね。

  3. 齊藤 正明 より:

    きれいな色の繭ですね!

    p.s
    新潮45でのビートたけしさんとの対談録を拝読しました。

    たけしさん、意外にあっさり虫食べてましたね。
    驚きました。

    セミの観察会の話、何度聞いても笑えました。

  4. bugeater より:

    umiさん、ようこそ。ホントにおいしいですよ。ぜひ食べてみてほしいですね。

  5. bugeater より:

    complex_catさん、きれいです。実物はさらに数段きれいです。確かに浅黄なので「和」の色です。

  6. bugeater より:

    齊藤さん、たけしさんは全然抵抗ないみたいで、そんなに食べて大丈夫かとこちらが心配したくらいです。

    1日のセミ会は初心者も多いのでご指導をよろしくお願いします。観察会と重ならないといいのですが。

  7. N より:

     真似させていただきました。
    蚕のサナギの湯通し、確かに豆乳の味でした。。

  8. bugeater より:

    Nさん、試食ありがとうございます。ブログ拝見しました。半強制的であれ、すごい好奇心に敬意を表します。その子供さんもすごいですね。ガの幼虫を食べる習慣は日本にありませんが、アフリカは芋虫食文化圏で、さかんに食べられています。クマゼミにもぜひ挑戦してみて、また報告を寄せてください。まず最初は幼虫が食べやすいですよ。

タイトルとURLをコピーしました