035 塩漬カブトのアリ詰め

スポンサーリンク


今年も正月早々、昨年来の永遠の課題「カブトムシ幼虫」にとりくむ。
昨年の師走18日、塩・おからに漬け込む。25日、腐葉土臭のしみこんだ塩・おからを除き、新たに塩・朝鮮唐辛子を詰める。年が明ける。
 
これまでの主眼は腐葉土臭を徹底して抜くことにあった。ところが臭みはいくぶん減ったものの、結果として硬い外皮だけとなった。このままでは煮ても焼いても食えた代物ではなさそうだ。
 
そこで中へアリを詰めてみたらと思った。紐を巻いたところで薫製にしたらどうかとも考えたが、塩が多かったので、当面びんに詰めて様子を見ることにした。

(材料)
カブトムシ幼虫
ツムギアリ(幼虫・さなぎ)

朝鮮唐辛子
おから
麻紐
(作り方)
2005年
12月18日 塩・おから漬け
12月25日 塩・朝鮮唐辛子漬け
(1)アリを3分ほどゆでる。
(2)アリの重さの30%の塩、小さじ二分の一の朝鮮唐辛子をまぜる。
(3)塩漬カブトの腹部から塩をのぞく。
(4)カブトにアリを詰め、麻紐をまく。
(5)カブトをびんにいれ、周りに塩・朝鮮唐辛子をつめる。
(6)熟成。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
昆虫料理
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会 | 昆虫食イベント情報
タイトルとURLをコピーしました