136 ふきみそ田楽 さなぎ風味

スポンサーリンク


寒波がもどり春が待ち遠しいこのごろだ。ふきのとうを店頭でみかけて衝動買いしてしまった。そうだ、ふきみそを作ろう。カイコさなぎを混ぜ込んでひと味違うふきみそを作ってみた。前回のタガメチリペーストを混ぜ込んだ佃煮なので、ピリリと辛いふきみそである。
材料
ふきのとう 200g
みそ 100g
酒 大2
みりん 大2
砂糖 大1.5
サラダ油
タガメ風味のさなぎ佃煮 大3
さなぎ粉 大1
木綿豆腐 半丁
作り方
1 ふきみそを作る。(作り方は省略)
2 フライパンでできあがったふきみそに、さなぎ粉とさなぎ佃煮を加え、もう一度熱してよく混ぜ込む。
3 水を切った豆腐を適当な大きさに切り、両面を焼く。
4 ふきみそをのせてもう一度みそが温まる程度に焼く。
5 豆腐に串をさして器にもる。

お知らせ
昆虫食イベントに参加しよう!
昆虫料理研究会では、阿佐ヶ谷と高田馬場でそれぞれ月に一度、昆虫料理の試食体験会を開催しています。お気軽にご参加ください。
昆虫料理
スポンサーリンク
昆虫食を楽しもう! | 内山昭一が主宰する昆虫料理研究会 | 昆虫食イベント情報

コメント

  1. 蜘蛛嫌い より:

    いつもどんな一品が出て来るのか楽しみにして見てます。蜘蛛を使った料理をもっと紹介してほしいです。嫌いなのになぜかみたい 笑へんなの。カマキリの赤ちゃんを食べてみたい。かりかりしてうんまそー!

  2. bugeater より:

    蜘蛛嫌いさん
    蜘蛛は茶碗虫(蒸)の具材としていけると思います。蜘蛛に限らず蜂や蟻の幼虫はよく合うはずです。孵化直後のカマキリをかりっと揚げて振りかけるのもいいでしょう。また紹介します。ご期待ください。

タイトルとURLをコピーしました